« 火星12、14号の1段目エンジンはウクライナ製か | トップページ | 浜松工場での新幹線脱輪事故はくぎの緩みが原因 »

2017年8月16日 (水)

雨音を聞きながら

折角のキャンプでしたが、予想よりも早く雨となってしまい、予定は大きく狂ってしまいました。キャンプ場周辺の撮影は2日目にしようと思っていたのに、初日の夜から雨が降り出し、2日目、3日目の天気予報は終日雨なので、朝食後に撤収を決定しました。

折角信州に来たので、温泉に浸かってのんびりした後、地元産の玄蕎麦を自家製粉した十割蕎麦で腹ごしらえしましたが、盛りも十分あって堪能できました。この頃になると予報が少し変わり、曇りの予報となったので、帰宅の道中でもう一泊する場所をあちらこちら物色しましたが、候補のキャンプ場に行ってみると、残念施設は廃業で閉鎖されてしまっていました。

止む無く、行き止まりの林道脇にある、山中の避難小屋にお世話になることにし、コンクリートの土間にシートを敷いて、眠りに就きましたが、ふと目を覚ましたら相変わらずの雨音です。一旦雨が上がったかと思いましたが、最新の予報を見ると日中はずっと雨の予報です。今年は、どうもすかっとした夏空は望めそうもないようです。

P8160010r17_2

一夜の宿となった避難小屋。まさに黄金の御殿でした。

P8160093r15_3

今年はこんな風景を、ゆっくりと楽しむことはできませんでした。



|

« 火星12、14号の1段目エンジンはウクライナ製か | トップページ | 浜松工場での新幹線脱輪事故はくぎの緩みが原因 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/65669718

この記事へのトラックバック一覧です: 雨音を聞きながら:

« 火星12、14号の1段目エンジンはウクライナ製か | トップページ | 浜松工場での新幹線脱輪事故はくぎの緩みが原因 »