« 対馬でカワウソ目撃 | トップページ | 中日新聞がまたしてもオスプレイに難癖 »

2017年8月18日 (金)

小野寺防衛相がイージス・アショア導入を米国に伝達

訪米中の小野寺防衛相は現地時間の17日午後(日本時間18日未明)、マティス米国防長官と会談し、地上配備型ミサイル防衛システムのイージス・アショアの導入に向けた協力を求めました。これに対し、マティス氏は前向きな姿勢を示したと言うことです。

イージス・アショアについては、これまで政府の方針として導入に踏み切る方針が伝えられていましたが、正式に確認されたのはこれが初めてです。現在海上自衛隊のイージス艦に配備されているSM-3ブロック1Aは高度500Kmが迎撃可能な高さの限界と言われていますが、新たに開発中のブロック2Aは高度1000Kmまで迎撃可能となりますので、イージス・アショア導入時にはブロック2Aが配備されるのではないかと考えられます。

Photo_2

上図はイージス艦とイージス・アショアの配置をシミュレーションしてみたもので、イージス艦の射程を赤い線、イージス・アショアの射程を緑の線で表しています。

今回導入が図られるイージス・アショアの設置場所がどこになるのか、全く明らかにされていませんが、SM-3ブロック2Aの射程は1000Km以上と言われていますので、イージス艦を能登沖に、イージス・アショアを北陸地方と九州北部に設置すれば、沖縄本島を含むほぼ全国をカバーすることが可能となります。

北朝鮮は我が国全域を攻撃可能なノドンミサイルを200基、移動式発射機を50両保有していると言われていますが、国土のほとんどを複数のイージスシステムでカバーできますので、全域で迎撃することが可能となります。

|

« 対馬でカワウソ目撃 | トップページ | 中日新聞がまたしてもオスプレイに難癖 »

コメント

今まで色々言うてきましたが、付き合いを絶つ前に、これだけは。
高高度から飛来するICBMを、PAC-3やイージスアシュアでどう撃ち落とす。極端だが竹槍でB29に向かうものでっせ。
戦争はやめとけ。
アメリカと武器業者を喜ばすようなものでっせ。
今は北にミサイルを撃たせない為に、全ての有力国が持てる手段を使って、外交努力を続けていかなアカンのに。
それとも、「我が國」の技術力を過信しますか?

投稿: 出がらし紋次郎 | 2017年8月19日 (土) 19時11分

出がらし紋次郎さん、コメントありがとうございます。

基本的なことですが、SM‐3もPAC‐3も迎撃ミサイルであって、相手の領土を攻撃するためのものではありません。第二次大戦時、ドイツは超音速ミサイルのV2号でロンドン目掛けて、史上初めてのミサイル攻撃を行いました。

イギリス空軍はV2号に対して有効な迎撃が取れず、市民に7500人の死者を出しました。北朝鮮は日本を射程に収めるノドンミサイルを約200機保有していると言われていますが、湾岸戦争当時、スカッドミサイルが米軍基地の食堂を直撃した時は、28名の死者を出しています。

もし、北朝鮮が人家が密集している我が国にノドンを打ち込めば計算上は最悪で5000人以上の死者が出る可能性があります。
イージス・アショアは1セット800億円とか言われていますが、800億円で5000人の命が買えるのなら安いものだと思っています。

投稿: 雨辰 | 2017年8月19日 (土) 20時36分

…やれやれ。
PAC-3やイージスアショアでICBMに対抗できるか、ゆう話しをしていたのですが。
自動車やカメラのスペックを語るノリで兵器の話しをされてもね。現場では不確定要素が付き物です。なんぼ「安全だ」「これほどの性能があるから」と語られても、東電福島第一原発は爆発しましたやん。まぁ核爆発でなく水蒸気爆発で、風向きも海に向かっていたために命拾いしやしたが。
日本で暮らす1億3000万人を救うのは武力や最新兵器でなく、外交力ですわ。戦争は金がかかりまっせ。その金を教育や高齢者の為に使えば、どれだけ感謝されるか。考えてみりゃわかるでしょ?

投稿: 出がらし紋次郎 | 2017年8月22日 (火) 17時40分

出がらし紋次郎さん、コメントありがとうございます。

外交努力は確かに大切です。それで物事が解決できれば、それに越したことはありません。でも、北朝鮮はNPTに加盟しながら隠れて核開発を行い、IAEAの査察によって核開発がバレると、開き直ってIAEA脱退を宣言してプルトニウムの抽出を行いました。

その後米朝枠組み合意によって、核開発の中止を条件に、軽水炉と重油の供与を受けながら、またも隠れて核開発を継続し、ついに原爆を手に入れています。

この経緯を見れば、いかに外交文書を締結しても一文の価値もないことは明らかでしょう。彼らが我が国に向かってミサイルを撃ち込まない保証がない以上、自衛の策を取るのは当然です。

SM‐3の現在までの迎撃成功率は1発当たり80%ほど(2発で約97%)ですが、何もしなければ、確実に国民の命が奪われることになります。国民の財産生命を守り、彼らの脅しに屈しないためには、ミサイル防衛止む無しと考えます。

投稿: 雨辰 | 2017年8月22日 (火) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/65678786

この記事へのトラックバック一覧です: 小野寺防衛相がイージス・アショア導入を米国に伝達:

« 対馬でカワウソ目撃 | トップページ | 中日新聞がまたしてもオスプレイに難癖 »