« 中国爆撃機が紀伊半島沖に接近 | トップページ | スズキジムニーが20年振りにモデルチェンジ »

2017年8月25日 (金)

今日の浜松基地

今日は浜松エアパークの展示格納庫北側のエプロンで、T-4練習機の離発着訓練展示のイベントがありましたので、カメラを提げて行って来ました。

P8250001r17

T-4練習機のコックピット。航空祭でT-4も地上展示されますが、ここまで寄って移す機会はありません。

P8250030r17

浜松基地には航空救難隊がありますが、救難隊所属のUH-60J救難ヘリです。

P8250048r17

ギャラリーが多いせいではないと思いますが、かなりの急角度で降下しました。救難救助では様々な場面が予想されますので、どんな現場に遭遇しても慌てないように、このようなアクロバティックな飛行も訓練しています。

P8250055r17

航空祭では滑走路北側からの撮影になるため、いつも逆行で黒くつぶれてしまいますが、これだけの順光で撮れたのは初めてです。

P8250063r17

T-4練習機の着陸場面。2機並んでの着陸はタイミングを取るのが大変だろうと思います。

P8250071r17

着陸した2機がタキシングでエアパークのエプロンに戻って来ました。

P8250073r17

T-4とUH-60Jのコラボです。

P8250074r17

T-4はこの角度が一番だと思います。

P8250082r17

エプロンに到着。ギャラリーの視線を浴びています。

P8250087r17

F-15上がりの教官のパイロットが見学者の質疑応答に答えてくれました。T-4の機体寿命について質問したところ、まだまだ当分は大丈夫ですとの回答でした。

P8250105r17

静浜基地所属のT-7練習機が突然降りて来ました。

P8250109r17

何かアクシデントかなと思いましたが、何事もなかったように再び離陸して行きました。

|

« 中国爆撃機が紀伊半島沖に接近 | トップページ | スズキジムニーが20年振りにモデルチェンジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の浜松基地:

« 中国爆撃機が紀伊半島沖に接近 | トップページ | スズキジムニーが20年振りにモデルチェンジ »