« 中日新聞が、わが国のEMP弾研究を非難 | トップページ | 小型機にもフライトレコダーを搭載へ »

2017年9月26日 (火)

静岡県でマダニ感染症による死者が発生

静岡県は25日、9月に入って県内で3人がマダニ感染症に感染し、内1人が死亡したと発表しました。3人の性別、年代、居住地などは調査中として明らかにされませんでした。

いやあ驚きました。マダニ感染症の死者は、これまで西日本を中心に発生しており、静岡県では死者が発生していないと思っていましたので、本当にびっくりしました。急いで調べてみると、過去2名の死者が既に発生していたことが判りました。
最初の死亡事故は2015年6月に県東部の伊豆の国市の70代の女性、2例目は2016年5月に沼津市の70代の女性でした。いずれも沼津市周辺の山域で感染したものと見られています。また、今年7月には熱海市の80歳の女性が6月にマダニに噛まれて発症、入院しましたが、無事回復しています。

これらの事例に共通しているのは、いずれも県の東部に集中していることで、ウィルスの型など何か共通する特徴があるのかも知れませんが、それについて触れている情報はなく現時点で詳しいことは判りません。ただ、ほぼ県内全域でマダニ感染症を引き起こすウィルスが余生動物などから見つかっており、東部だけが危険だとは思えません。

これまでの全国的な事例から、比較的高齢者が発症している傾向が見られますが、要は感染に対する抵抗力が低下していると発症の危険が高まると言うことで、若年層が安全と言うことではありません。マダニに対する忌避剤も市販されるようになりましたので、感染の危険を心配される方は積極的に利用されることをお勧めします。

P9200069r15

自然豊かな南アルプスの山中です。

|

« 中日新聞が、わが国のEMP弾研究を非難 | トップページ | 小型機にもフライトレコダーを搭載へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 静岡県でマダニ感染症による死者が発生:

« 中日新聞が、わが国のEMP弾研究を非難 | トップページ | 小型機にもフライトレコダーを搭載へ »