« 自民党が五つの公約を検討 | トップページ | 北朝鮮が太平洋で水爆実験を示唆 »

2017年9月22日 (金)

文化庁が名古屋城天守の石垣調査を許可

名古屋市は名古屋城の天守を木造で復元する計画を進めていますが、事前に石垣の調査をする必要があり、文化庁に石垣調査の申請をしていましたが、15日付で調査が許可されました。

名古屋城は豊臣家に対する備えの城として関ケ原の戦いの後に築かれ、その威容を誇ったまま明治迎えました。その後1930年に国宝に指定され、正確な測量が行われましたが、1945年5月の空襲により天守以下主要な建造物を消失してしまいました。その後天守は1959年に鉄筋コンクリートで再建されましたが、本丸御殿が木造で復元されたことで、天守の木造復元の機運が再び高まり、河村市長の推進もあって木造復元が現実のテーブルに上ることになっていました。

名古屋市は木造復元工事を担当する竹中工務店と協力して、今年の10月から来年の1月にかけて石垣の安定性や天守周辺の遺構の有無を調査することにしていますが、これとは別に石垣の裏側についても構造が劣化していないか調査することにしています。

P4270047r

国宝松本城の現存木造天守です。木造ながらの歴史の重みを感じる外観ですが、名古屋城の天守が木造でよみがえる日が今から楽しみです。

|

« 自民党が五つの公約を検討 | トップページ | 北朝鮮が太平洋で水爆実験を示唆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/65822165

この記事へのトラックバック一覧です: 文化庁が名古屋城天守の石垣調査を許可:

« 自民党が五つの公約を検討 | トップページ | 北朝鮮が太平洋で水爆実験を示唆 »