« 新型SAMの実現性 | トップページ | 当ブログ記事がYahoo検索の1位~3位でした »

2017年9月15日 (金)

北朝鮮が火星12型を列島越えで再度発射

本日午前6時57分頃、北朝鮮がピョンヤン近郊から火星12型と見られる弾道ミサイル1発を発射、ミサイルは前回同様北海道襟裳岬上空を通過して2000Km先の太平洋に着弾しました。日本政府は午前7時にJアラートを発令し、国民に注意を呼び掛けました。

Photo_2

上図は今回のミサイルの水平移動距離で、約3500Kmと前回の2700Kmより800Km伸びています。前回は3500Kmを目指しながら、機体トラブルで2700Kmに終わったことから、再度3500Km飛行することを実証するために再び発射を強行したものと見られます。北朝鮮は先に、グアム近海にミサイルを撃ち込むと公言していましたが、不完全ながら実際にこの距離を飛行する能力を見せつけたことになります。

Photo_3

北朝鮮が目標とする米国関連地点と、北朝鮮からの方位です。

今回の飛距離はグアム並みですが、方位としてはハワイの方角です。今後米本土を射程に収めるICBMの発射を行うものと思われますが、その際も米国を過度に刺激しないために、恐らく今回とほぼ同様のコースを取るのではないかと思われます。

※15日 09:52 追記 日本政府より着弾地点が2000kmから2200Kmに、最高高度が770Kmから800Kmに訂正になりました。

|

« 新型SAMの実現性 | トップページ | 当ブログ記事がYahoo検索の1位~3位でした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/65792429

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮が火星12型を列島越えで再度発射:

« 新型SAMの実現性 | トップページ | 当ブログ記事がYahoo検索の1位~3位でした »