« 新しい名前で出ています? | トップページ | 星空に感激 »

2017年9月 2日 (土)

中日新聞が「地上イージス疑問の山」と報道

いい加減違う話題にしようと思っていましたが、今朝の朝刊を見ていたら、中日新聞が地上イージス疑問の山などとおかしな記事を書いていたので、これを取り上げます。

小見出しとして「本当に迎撃できる?」「対象どこまで?となっており、識者の見解を載せていますが、全体として否定的な構成となっています。

軍事評論家の田岡俊二氏は以下のように指摘しています。

・現在ミサイル迎撃のできるイージス艦4隻を持ち、2隻が常時迎撃任務についているが、定期的な修理もあり、タイトな運用になっている。新たにイージス艦を建造すると1隻1500億円以上するが、イージス・アショアなら1基800億円で済み、人員も少なくて済む。イージス・アショアの導入は費用対効果が大きい。

元海将で金沢大の伊藤俊幸教授の指摘は以下の通りです。

・イージス艦の操船には職人芸が求められるが、現在はミサイル防衛任務が多く、訓練が積みにくい。

Photo

地上設置型イージス(イージス・アショア)です。 (出典:防衛省)

一般社団法人ガバナンスアーキテクトの部谷直亮上席研究員の指摘は以下の通りです。

・地上に設置することによって攻撃目標になる。

・要員の訓練が必要になる。

これはちょっとピントがズレていますね。何ごとにおいても訓練が必要になるのは当然です。また、防衛拠点が攻撃目標になるのは、ある意味当然で、陸上でであろうが、海上であろうが同じことです。尚、導入予定のシステムではSM-6の運用が可能となる見込みで、これによって航空機や巡航ミサイル、準中距離弾道ミサイルの迎撃が可能になります。

埼玉大の吉沢弘志講師の指摘は以下の通りです。

・ミサイル防衛では発射時刻・地点の割り出しが大切。だが米軍も自衛隊もそこまでできているとは考えられない。

これもおかしな主張です。BMDで必要なのは弾道の軌道であり速度です。これが判れば逆算で発射位置や時刻が把握できます。発射時刻については上空の赤外線探知衛星で探知が可能で、時刻も発射位置捕捉できますが、迎撃に必要なのはミサイルの軌道です。

米軍も自衛隊も実際に発射を知らされない抜き打ち状態での迎撃試験を行って成功させており、この主張は間違いです。

・地上設置ではレーダーからの電磁波による住民の健康被害も問題になる。

これも問題ありません。お隣の韓国ではTHAADの配備をめぐって、この問題が争点となっています。韓国の聯合ニュースによれば、韓国国防部がグアムの米軍基地のTHAAD施設で測定したところ、電磁波人体保護基準値の0.007%でしかなかったと伝えています。我が国にも同種の 弾道ミサイルの探知が可能なJ/FPS-5レーダーやJ/FPS-7レーダー が設置されていますが、そんな問題はどこでも発生していません。

後、これは中日新聞の主張ですが、

肝心なのは本当に迎撃が可能か否かだ と言うことで、SM-3ブロック2Aの試験が2回行われ、1回は失敗に終わったことを指摘しています。

これは最初の試験が成功したのに、2回目の試験では迎撃に失敗しておりシステムが不完全だと主張しているのかも知れませんが、実は成功しなかったのはシステムのせいではありません。2回目の試験ではイージス艦の操作員が、誤って標的のミサイルを自爆させてしまい、SM-3が発射できなくなったことが原因と判明しています。

SM-3全体の迎撃成功率は83%ですが、いつも同じ条件での試験ではなく、システムアップを繰り返す中での試験なので、かなり悪条件下での数字です。THAADがシステム完成後100%の成績を収めていることを考えれば、90%以上の能力を有していると考えても良いのではないでしょうか。SM-3はTHAADより高い高度で迎撃を行っており、この数字は十分なものと考えます。ブロック1Bや2Aでは相手を捉えるシーカーが改良されており、同条件であれば今後の成功率は向上するものと思われます。

Photo_2

SM-3のブロック1Aとブロック2Aの性能を表した図です。

①のケースではブロック①を使って迎撃が可能ですが、③のコースを通るコースではブロック2Aでないと迎撃できません。②の位置にくればブロック1Aでも迎撃できることになりますが、破片は全て地上に落下することになってしまいます。

これらを考えればイージス・アショア、SM-3ブロック2Aをを導入することは、意義あることだと考えます。

|

« 新しい名前で出ています? | トップページ | 星空に感激 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/65740459

この記事へのトラックバック一覧です: 中日新聞が「地上イージス疑問の山」と報道:

« 新しい名前で出ています? | トップページ | 星空に感激 »