« 名古屋城に初登城 その4 | トップページ | 中国ステルス戦闘機J-20が実戦配備? »

2017年10月 4日 (水)

水陸両用車のAAV-7の操縦に船舶免許?

陸上自衛隊が、離島防衛の切り札として導入を進めている水陸両用車のAAV-7に法律の壁があることが話題になっています。AAV-7はキャタピラ―で走行する装甲車ですが、水に浮くことができるので沖合の輸送艦から発進して自力で岸に辿りつくことができる特殊車両です。

Aav7

海上を航行するAAV-7です。 (出典:防衛省)

海上を航行することで船舶法の適用を受けますので、海上で操縦するには船舶免許が必要となり、海上衝突防止法が要求する装置や航行方法が求められることになりますが、これでは資格を取るまで訓練自体ができません。

こうした事態は当然陸自も把握しており、船舶法・海上衝突予防法・自衛隊法などの関連法規について適用除外の申請を行っているとのことです。法律の改正を伴う訳ですから、国会での決議が必要となる訳ですが、国会は衆議院の解散によって開店休業状態です。

それにしても予算計上した時点で法改正をしておけば、今頃になって慌てる必要はないのですが、どうしてこんなことになったのか、本当に不思議でなりません。

|

« 名古屋城に初登城 その4 | トップページ | 中国ステルス戦闘機J-20が実戦配備? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/65870687

この記事へのトラックバック一覧です: 水陸両用車のAAV-7の操縦に船舶免許?:

« 名古屋城に初登城 その4 | トップページ | 中国ステルス戦闘機J-20が実戦配備? »