« 東京新聞の半田記者がF-35を批判 | トップページ | C-2輸送機を海外初派遣 »

2017年10月 7日 (土)

静岡県で今年2例目のマダニ感染症の死者

9月にマダニ感染症を発症し、入院中だった沼津市の80代の女性が亡くなりました。静岡県では9月になって感染が相次ぎ、伊豆の国市と沼津市で4名が発症、これまでに1名が死亡していますが、亡くなった方の性別・年齢・住所等は公表されていません。

県内では2015年6月に伊豆の国市の70代の女性が死亡、2016年5月に今回と同じく沼津市の70代の女性が死亡していました。これ以外に今年5月には熱海市の80歳の女性が発症して入院しましたが、回復しています。

なんとなく予感はしていましたが、またも県東部でマダニ感染症の死者が出てしまいました。これまでの感染者、死亡者が全て県の東部に集中しています。気になったので、この原因を少し調べてみました。一つには県の東部は平地に比べて山間部が多いことが挙げられます。地図を見ても、緑で示される平野の部分はごくわずかです。

Photo_2

静岡県の地図です。 (出典:国土地理院 地理院地図)

中部・西部と比べて人口の多い居住区域と山間部が非常に接近していることが判ります。言い換えればマダニが生活圏の近くに生息している可能性が高いことが考えられ、それだけ被害に合う可能性が高くなります。

二つ目には生息するマダニの種類です。マダニ感染症を引き起こすSFTSウィルスを媒介すると考えられるフタトゲチマダニの割合が東部では他の地区と比べて大変高くなっているようです。静岡県環境衛生科学研究所が2013年5月から2014年6月に行った調査ではマダニ類に占めるフタトゲチマダニの割合が、中部の15.4%、西部の9.5%に対して東部では56.4%だったと言うことです。

もし、マダニ感染症がフタトゲチマダニに噛まれたことによって感染したとすれば、東部は西部の6倍近くリスクが高いと言うことになります。

以上のことから地理的要因と生息しているダニの種類によって東部地区での発症が多くなっていることが考えられますが、事例が少ないので断定的な言えません。自然と接する時には十分に注意しながら、事態の推移を注視したいと思います。

|

« 東京新聞の半田記者がF-35を批判 | トップページ | C-2輸送機を海外初派遣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/65884213

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡県で今年2例目のマダニ感染症の死者:

« 東京新聞の半田記者がF-35を批判 | トップページ | C-2輸送機を海外初派遣 »