« 空自救難へり墜落事故の続報 | トップページ | ホンダが新型スーパーカブを発表 »

2017年10月19日 (木)

空自事故続く、今度はファントムが炎上

救難ヘリUH-60Jの事故については残念ながら新たな展開は見られません。空自幕僚監部は事故の第三報として乗員の氏名・年齢を公表しましたが、いずれも働き盛りで家庭でも大黒柱であったであろうことを考えると胸が痛みます。

さてそのような中に合って、今度は空自百里基地で、訓練飛行のため滑走路に向かって地上走行中のF-4EJファントム戦闘機から出火、機体前部を焼損して乗員2名が脱出する事故が起きました。無事脱出したパイロットによれば、「走行中にバキッと音がして機体が傾き、左主翼から出火したのでエンジンを切って脱出した」とのことです。

Pa150181r17

15日のエアフェスタで飛行した岐阜基地飛行開発実験団の同型機です。

P9280006r

同型機を前部から。F-4戦闘機は本来米海軍の艦載機として開発された機体なので、着艦の際の衝撃に耐えられるように丈夫な降着装置(脚部)を備えています。

P9280006r_2

主脚の拡大。車輪を油圧で翼下に引き込む機構になっています。推測ですが、発生の状況から見ると、主脚と油圧シリンダーを接合しているボルトが折損して主脚が内側に倒れ込み、翼と外部タンクが路面に接触して発火したのではないかと思われます。

Pa160065r16

F-4戦闘機を下側見たアングルです。脚部が引っ込んでしまうとタンクや主翼先端が路面に接触してしまうことが見て取れると思います。

F-4EJは1970年代前半から国内でライセンス生産され、最後の機体の製造年が1981年なので最も新しい機体でも36年前に製造されたことになります。流石に当時のままとはいかず近代化改修が施されていますが、老朽化は否めません。このため、今後は最新鋭ステルス機のF-35Aに更新されることになっていますが、その矢先の事故でした。

金属部品は長年使用することによって金属疲労を起こしますが、何もしなくても経年により脆化する場合もあります。今後はより綿密な整備・点検を行って事故の再発を防止して欲しいものです。

|

« 空自救難へり墜落事故の続報 | トップページ | ホンダが新型スーパーカブを発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/65935055

この記事へのトラックバック一覧です: 空自事故続く、今度はファントムが炎上:

« 空自救難へり墜落事故の続報 | トップページ | ホンダが新型スーパーカブを発表 »