« 空自浜松基地の救難ヘリUH-60Jが墜落か | トップページ | 空自事故続く、今度はファントムが炎上 »

2017年10月18日 (水)

空自救難へり墜落事故の続報

航空自衛隊浜松基地所属の航空救難隊の救難ヘリUH-60Jの続報です。18日午前9時現在で乗員4名の安否に関する情報は上がっていません。航空幕僚監部では事故に関する報道発表を第一報、第二報として公表していますが、それによれば墜落したのは機体番号58-4596号機で、昨日午後5時51分に浜松基地を離陸、同57分に最終交信し、6時12分にレーダーから機影が消えたと言うことです。現場海域には同機のドアやタイヤ、ストレッチャーなどが浮遊していたと言うことなので、墜落したのは間違いありません。

他の報道によれば、当日は夜間救難訓練として海上の漂流物を回収する訓練を行う予定になっていたとのことなので、海面近くに高度を下げる間に何かトラブルが発生したのではないかと思われますが、5時57分頃の交信では異常があるとの内容は無かったとのことです。

現在はUH-60J2機とU-125A救難機が現場海域を捜索していますが、現段階で新たな情報はありません。

尚、浜松基地では15日の日曜日にエアフェスタ浜松2017が開催され、基地内が一般公開されましたが、当日撮影した写真の中に事故機の写真がありましたので謹んで掲載させて頂きます。

Pa150013r17

|

« 空自浜松基地の救難ヘリUH-60Jが墜落か | トップページ | 空自事故続く、今度はファントムが炎上 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/65931246

この記事へのトラックバック一覧です: 空自救難へり墜落事故の続報:

« 空自浜松基地の救難ヘリUH-60Jが墜落か | トップページ | 空自事故続く、今度はファントムが炎上 »