« トレイルランで遭難騒ぎ | トップページ | ニャンコが排尿障害 »

2017年11月 1日 (水)

東芝がサザエさんの提供を降板

経営再建中の東芝が、これまでグループ企業のシンボルとして番組提供を続けたいとしていたサザエさんを降板することが明らかになりました。東芝は1969年のサザエさん放送開始以来48年にわたって番組スポンサーを務めて来ました。同社は降板は経営合理化の一環と説明していますが、再建途上の財務状況が同社の看板とも言えるこの番組提供を許さない状況になっているためと思われます。

同社の巨額損失問題が明らかになった時、多くの人がこの日が来ることを危惧していましたが、とうとう現実のものとなってしまいました。サザエさんは幅広い年齢層が一緒に見られる番組として長年愛され続けており、サザエさんの番組が終了すると、また明日から日常が始まってしまうと憂鬱になってしまうと言う、サザエさんブルーなる新語まで生み出すほど、世間に広く浸透していました。

番組のフィナーレではサザエさんが、「この番組は東芝の提供でお送りしました。」、「東芝と御覧のスポンサーでお送りしました。」とナレーションが入っており、番組と東芝が一体となって長寿番組作り上げて来ただけに、このような事態になったことは残念至極です。

|

« トレイルランで遭難騒ぎ | トップページ | ニャンコが排尿障害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/65989009

この記事へのトラックバック一覧です: 東芝がサザエさんの提供を降板:

« トレイルランで遭難騒ぎ | トップページ | ニャンコが排尿障害 »