« 共同通信が、防衛省がF-35Bの導入を検討中との記事 | トップページ | 浜松で初雪 »

2017年12月26日 (火)

F-35Bについての情報が錯綜

昨日は共同通信が、自衛隊がF-35B戦闘機の導入を検討していると言った記事を伝えましたが、本日になって母艦とするためにいずも型護衛艦を改修する検討をしていると読売新聞が続報を伝えています。更に運用するのは米国海兵隊F-35Bだと言うことなので、共同通信の伝えるところとは、全く違う内容です。読売新聞は複数の政府関係者の話としていますので、全くの虚報と言うことではないようです。

Photo_4

空母の外観を備えるいずも型護衛艦 (出典:防衛省)

先の共同通信の記事では政府関係者への取材の結果としており、それぞれの政府関係者が同一人物なのか、別人なのかも気になります。それにしてもF-35Bを我が国が導入するのと、艦船は改修して離着艦を可能にするが、運用するのは米海兵隊機と言うのでは、どこが主体を持っているのかが全く逆になってしまいます。

我が国の防衛力を強化するのに異論はありませんが、他国からの侵略事態に、まず対応するのは自衛隊です。いかに米軍と共同歩調を取ると言っても、米軍が先頭を切って介入することは主権の上でもあり得ません。恐らくは取材の過程で齟齬が生じた結果だと思いますが、もし、それぞれの記事がその通りだとしたら、F-35Bを運用できるよう、いずも型の護衛艦を改修し、別途F-35Bを導入すると言うことになります。

何にしても政府関係者が公式に発表した訳ではなく、報道しているメディアも限られますので、他からの情報が出そろうまで、事態を静観するのが良さそうです。

|

« 共同通信が、防衛省がF-35Bの導入を検討中との記事 | トップページ | 浜松で初雪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/66202975

この記事へのトラックバック一覧です: F-35Bについての情報が錯綜:

« 共同通信が、防衛省がF-35Bの導入を検討中との記事 | トップページ | 浜松で初雪 »