« 地名は難しい | トップページ | 娘が高齢者にバックで追突される »

2017年12月 4日 (月)

スーパームーン

本日午前0時47分に月が月齢15となって満月となりました。そして地球までの距離が35万8000Kmと今年になって最小となり、いわゆるスーパームーンとなりました。厳密には午後5時46分が最接近となりますが、この時間帯はまだ見かけの高度が低いので、もう少し高く上ってからの方が見やすいと思います。

Pc030003r17

昨夜午後7時50分頃撮影したスーパームーン直前の月です。昨夜は雲もなく撮影には絶好のコンディションでした。 撮影:オリンパスOM-D E-M1markⅡ LEICA100-400mm

※オリンパスはマイクロフォーサーズ規格のイメージセンサーを使用していますので、焦点距離400mmはライカ版カメラ800mm相当の画角となります。

Pc030003

400mm+デジタルテレコン使用(換算1600mm相当)、トリミングなしの画像です。三脚は使用せず、手持ちでの撮影です。以前なら天体望遠鏡を使わなければ撮れない被写体でしたが、現在のカメラの進歩はこんな撮影を当たり前のように可能にしてくれます。

|

« 地名は難しい | トップページ | 娘が高齢者にバックで追突される »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/66119923

この記事へのトラックバック一覧です: スーパームーン:

» PHPでスーパームーンを計算する [ぱふぅ家のホームページ]
PHPを使い、月が地球に最も近づき大きくなる満月「スーパームーン」が見える時期を計算するプログラムを作ってみる。 [続きを読む]

受信: 2018年1月 2日 (火) 12時06分

« 地名は難しい | トップページ | 娘が高齢者にバックで追突される »