« 遭難ヘリ行方不明者の年内発見を | トップページ | 広島高裁が伊方原発3号機に停止命令 »

2017年12月13日 (水)

イージスアショアの価格はいくら?

北朝鮮の弾道ミサイル対策として、政府は19日にイージスアショアの導入について閣議決定する予定です。ところで、小野寺防衛相が12日に明らかにしたところでは、これまで1基当たり約800億円とされていた導入価格が約1000億円と200億円増額である見通しであることを明らかににしました。

Photo

イージスアショアの全景です。 (出典:防衛省)

これについて、現在のイージスシステムが使用するSPY-1レーダーに変わり、現在開発中の新型レーダーのSPY-6を搭載するからではとの声がありますが、ちょっと納得できません。と言うのはSPY-6ではこれまでのガリウム砒素を使った半導体素子から窒化ガリウムの素子に変更されますが、これは同等の能力であれば価格が34%低減し、送信出力は2倍の電力で30倍になると言われているからです。計算上はこれで探知距離が2.4倍になるのではと試算されます。

現在のSPY-1は4.3mx4.3mの八角形ですが、SPY-6はモジュールで構成され、大きさは0.6mx0.6mの正方形で、モジュール9個でSPY-1と同等の能力となり、同じ面積であれば37個のモジュールを設置できますが、実際のSPY-6にいくつのモジュールが搭載されるのかは判っていません。

更に現在は航空機用のSM-2の誘導にはSPY-1とは別にAN/SPG-62と言うミサイル誘導用のイルミネーターと呼ばれる装置が必要ですが、SPY-6ではイルミネーターは不要と言われています。これはSM-2の後継のSM-6になっても同様です。

となると、なぜ従来の800億円が1000億円に増額になったのかの説明がつきません。安全保障に必要な費用をかけることに異論はありませんが、その根拠をうやむやにすることは許されません。国民に対してきちんとした説明が求められます。

|

« 遭難ヘリ行方不明者の年内発見を | トップページ | 広島高裁が伊方原発3号機に停止命令 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/66155362

この記事へのトラックバック一覧です: イージスアショアの価格はいくら?:

« 遭難ヘリ行方不明者の年内発見を | トップページ | 広島高裁が伊方原発3号機に停止命令 »