« 警察のおざなりな捜査に唖然 | トップページ | 85歳運転の乗用車にはねられ女子高生2名が重体 »

2018年1月 9日 (火)

ライバル選手の飲料に禁止薬物を混入

カヌー競技、カヤックスプリントで日本代表の座を争っていた32歳の選手が、実力では敵わなくなったとして、競技の際に使用される飲料容器に禁止薬物を故意に混入させ、25歳の相手選手が一時出場停止の処分を受けていたことが明らかになりました。

相手選手に有害な物質を与えて、試合を有利に運ぼうとする動きは過去から海外でのボクシングやサッカーの試合で行われたとされていますが、日本国内で同じ日本人に対して行われたのは初めてです。スポーツは様々なルールが決められ、禁止行為が細かく定められています。これは、公平な立場で最高のパフォーマンスを発揮するためで、不正な手段で他の選手の上に立つことは、フェアプレイの精神に著しく反し、許されるものではありません。

カヌー協会は違反選手に8年間の出場停止の処分を科しましたが、用具を盗んで練習や競技を妨害した行為も明らかになっており、除名の処分も検討していると言うことですが、何とも嫌な事件が起きたものです。

|

« 警察のおざなりな捜査に唖然 | トップページ | 85歳運転の乗用車にはねられ女子高生2名が重体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/66260444

この記事へのトラックバック一覧です: ライバル選手の飲料に禁止薬物を混入:

« 警察のおざなりな捜査に唖然 | トップページ | 85歳運転の乗用車にはねられ女子高生2名が重体 »