« 皆既月食を撮影 | トップページ | SM-3ブロック2Aでの迎撃実験に失敗 »

2018年2月 2日 (金)

浜松市の4年連続餃子消費日本一ならず

総務省が例年発表している1世帯当たりの消費額で、2017年の餃子の購入額で宇都宮市が日本一となり、浜松市の4連覇はなりませんでした。餃子の購入額は持ち帰り品が対象で、冷凍品や店内で飲食した分は含まれません。

昨年は宇都宮市が4258円で浜松市の3582円を676円上回りました。2016年は浜松市が4818円、宇都宮市が4651円でしたので両市とも大きく数字を減らしています。減少額は浜松市がマイナス1236円と大幅に減らしたのに対し、宇都宮市はマイナス393円と小幅の減少でした。

何故浜松市はマイナス1236円と大きく消費額が減ったのか、今のところ原因については明確になっていません。正直日本一の座はどうでも良いのですが、地域を上げて浜松餃子がPRされている最中、何故これほど消費額が減ってしまったのか、その原因に興味を覚えます。

|

« 皆既月食を撮影 | トップページ | SM-3ブロック2Aでの迎撃実験に失敗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/66348337

この記事へのトラックバック一覧です: 浜松市の4年連続餃子消費日本一ならず:

« 皆既月食を撮影 | トップページ | SM-3ブロック2Aでの迎撃実験に失敗 »