« 自宅付近でイタチを目撃 | トップページ | 浜松城天守曲輪の発掘調査現場説明会 »

2018年2月 9日 (金)

飛行休止中

AH-64Dの墜落を受けて、小野寺防衛相は「総理からは自衛隊機のすべてのヘリコプターについて、徹底的な整備点検を実施するとともに、事故を起こしたAH-64Dについては当面飛行停止とし、徹底的な原因究明を行うこととの指示がありました。」と自衛隊の保有ヘリコプターについて整備点検を実施することを明らかにしましたが、どうやらこの動きはそれ以外にも広がっている模様です。

浜松基地にはパイロット養成の教育部隊である第一航空団が置かれ、T-4練習機で飛行訓練を行っています。訓練は基本的に土日祝日を除く平日に行われていますが、墜落事故のあった翌日以降、T-4練習機の姿を見かけなくなりました。もしかしたら、たまたま私が空を見上げた時に飛んでいないだけで、実際は飛行はしているのかも知れませんので断言はできませんが、少なくとも私にはそう感じられます。報道ではヘリコプターの点検を行うとのことで、固定翼機についての言及はありませんでした。それなのに、飛行訓練が行われていないことについては理由が二つ考えられます。

P6180069r16

車輪を出し、着陸態勢に入るT-4練習機。

一つには、ヘリコプターだけでなく固定翼機についても点検を行なうためではないかと言うことです。ただ、その場合は、点検が済んで異常が見当たらなければ飛行が再開されても良い理屈ですが、飛行が再開されないのは不自然です。

二つ目として、改めて点検も実施しているのですが、事故の重大性に鑑みて、飛行訓練を自粛しているのではないかと言うことです。

通常ですと午前7時頃になると地上でのエンジンの試運転で、基地から遠く離れた我が家からでもエンジン音が確認できるのですが、事故以来エンジン音を聞いていないように思います。浜松基地では昨年10月に救難ヘリコプターが訓練飛行に離陸してからわずか10分後に海上に墜落する事故があったばかりですので、念には念を入れて欲しいところですが、世間の目が気になるために飛行訓練を自粛すると言うのは少しおかしな話ではないかと思います。当の自衛隊自身が事の真相を明らかにしていませんので、本当のところは判りませんが、もし事故防止のために点検をしているのなら、この際なので徹底的に行うことを強く望みます。

Pb070201r15

2機並んで離陸するT-4練習機。

|

« 自宅付近でイタチを目撃 | トップページ | 浜松城天守曲輪の発掘調査現場説明会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/66372100

この記事へのトラックバック一覧です: 飛行休止中:

« 自宅付近でイタチを目撃 | トップページ | 浜松城天守曲輪の発掘調査現場説明会 »