« 民間企業が和歌山にロケット発射場を建設 | トップページ | 浜松市の4年連続餃子消費日本一ならず »

2018年2月 1日 (木)

皆既月食を撮影

昨夜は皆既月食で、各地で天体ショーが楽しめたようです。当初の天気予報では当該時刻は曇りの予報でしたので、半ばあきらめていたところ、月食開始時刻になってもきれいな満月が出ていたので、慌ててカメラを持って外に飛び出しました。

P1310001r18

カメラのセッティングに手間取り、撮影開始は9時6分で、既に相当月食が進んでいました。

P1310062r18

ほぼ皆既状態となった10時24分頃の月。本来なら真っ暗になりそうですが、地球からの光、地球照によってかなり明るく赤い月が見られました。

Photo_2

月が欠けて行く様子を1枚にまとめてみました。最初は適当に写していましたが、途中からタイマーを使って5分おきに、更に皆既状態となってからは3分おきの撮影です。

残念ながら皆既月食が最大になった頃から雲に覆われてしまい、満月に戻る様子は見ることも、撮影することもできませんでした。

|

« 民間企業が和歌山にロケット発射場を建設 | トップページ | 浜松市の4年連続餃子消費日本一ならず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/66344980

この記事へのトラックバック一覧です: 皆既月食を撮影:

« 民間企業が和歌山にロケット発射場を建設 | トップページ | 浜松市の4年連続餃子消費日本一ならず »