« F-2戦闘機後継問題で各社が報道 | トップページ | イチローがマリナーズへの入団会見 »

2018年3月 7日 (水)

韓国政界の闇

オリンピックも終わり、文在寅政権の舵取りが注目されていましたが、大統領特使と金正恩委員長の会談が行われ、4月に板門店で南北首脳会談が行われることが決定し、大きな話題となっています。しかし、これまでの太陽政策などが北のミサイルや核開発に利用された経緯を見ると、今回も時間稼ぎの疑いを拭い去ることはできず、手放しで歓迎はできないと思います。

さて、そんな韓国政界ですが、前大統領の朴槿恵氏に収賄容疑としては異例と思える懲役30年が求刑されて驚いていましたら、更に二つの新たな事態が発生しています。

一つは文大統領と与党内で大統領予備選を戦った安熙正(アン・ヒジョン)忠清南道(チュンチョンナムド)知事(53)が女性秘書に性的暴行を加えたとして6日に辞任したことです。安氏は次期大統領の有力候補と見られていただけに文氏にとっても痛手になるかも知れません。

二つ目は元大統領の李明博氏に対する収賄容疑で検察から出頭要請が出され、逮捕の意向であると伝えられたことです。李明博氏については以前から近親者に逮捕者が出たりしていましたが、本人にまで嫌疑が及ぶとは驚きです。韓国では大統領経験者が度々罪に問われていますが、朴前大統領の裁判が終わらない内に、新たな逮捕者が出るとしたら、大変な事態ではないでしょうか。

Photo

歴代の大統領をさかのぼって一覧にしてみました。色が付いているのが、命を落としたり逮捕された大統領です。こうして見ると、金銭がらみの事件が多いことが判りますが、何故同じことが繰り返されるのか不思議でなりません。また、所属政党を見ると、見事にそれ違っています。政党名は退任時のもので、就任当初は違う場合が多いのですが、在任中に政党名が代わっているのは、それだけ権力が大きいからかもしれません。

我が国も田中角栄元首相の逮捕がありましたが、以後総理経験者の逮捕劇は起きていません。韓国の大統領は熱気の中に拍手で迎えられますが、退任時には罵声を浴びるような扱いを受けることが繰り返されていますが、国民の政治に対する姿勢について、そろそろ真剣に考える時期ではないでしょうか。勿論我国もですが。

|

« F-2戦闘機後継問題で各社が報道 | トップページ | イチローがマリナーズへの入団会見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/66469333

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国政界の闇:

« F-2戦闘機後継問題で各社が報道 | トップページ | イチローがマリナーズへの入団会見 »