« 自民安全保障調査会が「多用途防衛型空母」の導入を提言 | トップページ | 奥多摩遭難事故について »

2018年3月22日 (木)

中国海警局が軍事組織化

中国海警局と言えば、尖閣諸島に配下の船舶を派遣し、たびたび領海侵入を繰り返しています。これまでは公安部配下の海洋政策執行機関として機能しており、日本の海上保安庁と同様の準軍事組織としての地位にありました。ところが、昨夜の中日新聞Web版によれば、習近平体制強化の一環として武装警察の傘下に入ることが決定したと言うことです。

武装警察は共産党中央軍事委員会の指揮系統下なので、海警局も軍事組織化されることになります。中国は、これまで対日本の領海問題に対して準軍事組織の海警局を前面に出して対応する姿勢を見せて来ましたが、今後海警局と海軍が渾然一体化する恐れが出て来ます。

対する日本も、これまでは警察力には警察力でということで、海上保安庁で対応して来ましたが、今後中国側の攻勢に耐えきれるかが心配されます。昨日は多用途防衛型空母の話題を書きましたが、中国の空母「遼寧」が台湾海峡を南西方面に通過したとの報道もありましたので、当面中国に対する動向に注目する必要がありそうです。

P9152026

巡視船に搭載された大砲です。海賊などの武装勢力用に巡視船には大砲が装備されています。しかし、軍艦ではないため砲弾は鉄の塊で、護衛艦のように爆薬は入っていません。あくまでも海上の警察力を担う法執行機関です。

|

« 自民安全保障調査会が「多用途防衛型空母」の導入を提言 | トップページ | 奥多摩遭難事故について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/66524771

この記事へのトラックバック一覧です: 中国海警局が軍事組織化:

« 自民安全保障調査会が「多用途防衛型空母」の導入を提言 | トップページ | 奥多摩遭難事故について »