« 韓国政界の闇 | トップページ | 森友文書に見る行政の劣化 »

2018年3月 8日 (木)

イチローがマリナーズへの入団会見

既に入団については確実視されていましたが、イチロー選手(44歳)がメジャーリーグ古巣のマリナーズへの復帰が決まり、日本時間の8日に入団会見を行いました。イチロー選手は、昨年はマーリンズで代打として出場していましたが、チームの若返り構想から外れ自由契約となっていましたが、これまで獲得に乗り出すチームがなく、去就が注目されていました。

今季、マリナーズは主力選手が次々と故障して戦力を補強する必要に迫られ、過去にチームで実績のあるイチローを獲得したものです。契約期間は1年となっていますが、彼の年齢を考えれば仕方のないことで、一年一年が勝負の年となります。これまでの経緯から、マリナーズが最後のチームとなる可能性が高いものと思われますので、ここで悔いのないように最高のプレーを披露して欲しいものです。

それにしても40歳を超える選手が活躍することさえ珍しいメジャーリーグで、体力に恵まれない日本人選手が44歳でなおプレーすると言うことはそれだけで大変な偉業ですが、是非結果を残して欲しいと望むのは期待が過ぎますでしょうか。

|

« 韓国政界の闇 | トップページ | 森友文書に見る行政の劣化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/66472709

この記事へのトラックバック一覧です: イチローがマリナーズへの入団会見:

« 韓国政界の闇 | トップページ | 森友文書に見る行政の劣化 »