« 2017年度のベストセラーカーはホンダN-BOX | トップページ | 北海道から民間ロケット2号機を打ち上げへ »

2018年4月 8日 (日)

お城巡り その3

お城巡りの3回目です。実はこれ以外の城跡も訪問しているのですが、ある程度知名度の高い所に限定させて頂いていますので、ご了承ください。

Jpg

福井県坂井市にある丸岡城。戦前は国宝に指定されていたお城ですが、1948年の福井地震で倒壊してしまいました。その後、1955年に使われていた資材を使って修復されました。現存する天守として国の重文に指定されています。屋根に葺かれている瓦は大変珍しい石の瓦です。

Jpg_2

天守の石段は大変急な勾配になっています。天守への入り口がこのように高い位置にあるのは大変珍しいことです。

Photo

こちらも戦前は国宝に指定されていましたが、戦災で焼失してしまい、木造での復元が予定されている名古屋城の天守です。シンボルの鯱鉾が輝いています。

Photo_2

名古屋城は関ケ原の戦いの後、豊臣勢への備えとして天下普請で築かれました。その際、清州城から多くの建物が移築されたと言われていますが、この西北隅櫓は清州城の小天守だったとされる建物国の重文です。三層三階建ての見事な建物で、さもありなんと思われます。

Photo_3

女城主直虎が守り抜いた井伊直政の子直継の代に築城された国宝彦根城の天守です。こちらも大阪方への備えの城で、天下普請で築かれたものです。天守は、大津城の天守の最下層以外を移築したと言われています。上下方向が寸足らずに見えることが、それを裏付けているのではないかと思います。

Photo_4

鐘の丸から本丸への入り口となる天秤櫓に掛かる落とし橋です。いざ有事の場合は、予めこの橋を落としてしまいますので、攻めてはこの石垣を登るしかなくなります。それは攻めてに極めて困難を強いることになりますので、難攻不落の構えと言えるでしょう。

Photo_5

世界遺産に指定された二条城の東南隅櫓です。現在に残る城郭としての貴重な遺構です。

Jpg_3

二ノ丸御殿への入り口となる唐門です。お城らしからぬ、京都にふさわしい大変きらびやかな建造物です。

|

« 2017年度のベストセラーカーはホンダN-BOX | トップページ | 北海道から民間ロケット2号機を打ち上げへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/66588147

この記事へのトラックバック一覧です: お城巡り その3:

« 2017年度のベストセラーカーはホンダN-BOX | トップページ | 北海道から民間ロケット2号機を打ち上げへ »