« ロッキードマーチンが新型戦闘機の開発を打診とロイターが報道 | トップページ | 健康診断でショック »

2018年4月22日 (日)

北朝鮮が核開発と弾道ミサイル発射実験の中止を表明

21日、北朝鮮の金委員長が核開発を中止して豊渓里地下核実験場を廃棄、合わせて弾道ミサイル発射実験も中止を宣言し、「わが国家に対する核の脅威や挑発がない限り、核兵器を絶対使用せず、いかなる場合も核兵器や核技術を移転しない」と表明しました。

この発表を韓国やトランプ大統領は、事態が進展したと好意的に受け止めていますが、実際には北朝鮮は何の譲歩もしていません。まず核開発ですが、これまで6回の核実験を行なっていますが、核弾頭の小型化に必要なブースト型原爆や水爆について必要な基礎技術を獲得済みと見られています。また地下核実験場についても周辺で大規模な陥没や崩落が起き、これ以上の実験は不可能と見られていました。

核開発の先輩であるインドとパキスタンもそれぞれ6回の核実験を行ないましたが、その後核実験は行っていないことから、それまでの実験で技術を習得し、もはやこれ以上の実験の必要がなくなったと考えるのが妥当です。北朝鮮についても、これ以上国際世論を敵に回してでも実験を強行する必要性がなくなったと見るべきでしょう。

Photo

弾道ミサイル迎撃用のSM-3ブロック2A (出典:防衛省)

また、弾道ミサイルについても同様で、これまでICBM級の発射試験を行って、必要な要素技術は手に入れています。実戦配備には実際に何回も発射実験を行って、部品の信頼性を確認しますが、核ミサイルの場合は1発でも着弾すれば大きな被害が発生しますので、100%の信頼性は必要ありません。例えば成功率が50%でも4発発射すれば94%の確率で1発は着弾させることができる計算です。北朝鮮はこれまで火星14号を2回、より大型の火星15号を1回ロフテッド軌道で発射していますが、いずれも長時間の飛行に成功しており、技術的には完成形にかなり近い形に仕上がっていると見られます。こちらも新たな実験を必ずしも必要としないと判断しても不思議はありません。

また、核の先制使用はしないとの表明ですが、核やミサイルを手放すとは一切言っていません。つまりこれまで手に入れた技術で、今後も核弾頭やミサイルを保有し続け、更には新たに作ることも放棄していないと言うことです。つまり、現在の核戦力を維持し、行使することについて何らの制約も受けないのです。

Sm3a

SM-3ブロック2A の形状

従ってこの声明は世論向けのプロパガンダであり、北朝鮮が軟化したと受け取るのは早計です。もし本当に軟化したのであるのなら、一切の制限なしに査察を受け入れなければなりませんが、そのことには全く触れていないと言うことは、その意思がないと見るのが妥当でしょう。

|

« ロッキードマーチンが新型戦闘機の開発を打診とロイターが報道 | トップページ | 健康診断でショック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/66637495

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮が核開発と弾道ミサイル発射実験の中止を表明:

« ロッキードマーチンが新型戦闘機の開発を打診とロイターが報道 | トップページ | 健康診断でショック »