« 四国の南端、足摺岬まで | トップページ | 四国お城巡り 高知城編 »

2018年5月 5日 (土)

お城3連発

昨日は足摺岬近くの道の駅に一泊。早朝に出発して一路宇和島城を目指しました。宇和島城は、元は海に面して海水を取り入れた堀を備えていましたが、今ではすっかり埋め立てられて往時の姿は残っていません。

P5040153r18

3の門から天守に通じる通路の途中から見た天守です。石垣造営の名人と言われた藤堂高虎が縄張りをしただけあって、見事な石垣群が城を守っています。この日はお城のイベントでテントが設営されており、折角の天守の景観にそぐわない風景となっていたのが残念でした。

P5040157r18

宇和島城の天守です。本丸はかなり狭い上に、立ち入りできる区域が制限されていますので、思うようなアングルでの撮影ができませんでした。

P5040191r18

多くの櫓や門が残っている松山城です。残念ながら、昭和初期の放火や第二次大戦の空襲によって消失してしまったものが多くありますが、戦後に木造で復元されており、連立式天守は重厚感があります。

P5040224r18

三の丸から見た二ノ丸と天守ですが、平山城の特徴が良く判ります。

P5040234r18

丸亀城の天守です。一日で3城を巡ったため、到着時には天守への入場時間が過ぎており、内部の様子は確認できませんでした。また、こちらでも城内でイベントが開かれており、十分な見学ができなかったのが残念でした。

P5040236r18

丸亀城は高石垣で有名ですが、その名に恥じない見事な石垣が残っています。

今回の旅では高知城、宇和島城、松山城、丸亀城の4城を訪れることができ、四国の空白域を減らすことができました。

|

« 四国の南端、足摺岬まで | トップページ | 四国お城巡り 高知城編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/66687187

この記事へのトラックバック一覧です: お城3連発:

« 四国の南端、足摺岬まで | トップページ | 四国お城巡り 高知城編 »