« 東京高裁が袴田事件の再審請求を棄却 | トップページ | またも文化2年創業の老舗を発見 »

2018年6月12日 (火)

山間の棚田

最近棚田が注目されています。棚田は平坦地の少ない山間部などで、斜面を少しずつ階段状に畔を作って切り開いた田んぼです。一枚当たりの面積が小さいことから機械化が難しく、農家の高齢化と共に耕作放棄されることが多くなっていましたが、近年になって文化遺産的な意味合いや、観光地としての価値が見直され、景観の保持のために耕作が復活される所が増えています。

P6100048r18

ここも、そのような棚田の一つで、伊豆の松崎町にある石部(せきぶ)の棚田です。この付近は平坦地が少なく、このような山間に棚田が開かれました。現在は有志多数によって稲作が行われています。

P6100045r18

棚田の最上部です。まさに猫の額ほどの面積ですが、一粒でも多くとの、米作りに向けた当時の人々の熱い思いが伝わって来ます。

|

« 東京高裁が袴田事件の再審請求を棄却 | トップページ | またも文化2年創業の老舗を発見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/66821414

この記事へのトラックバック一覧です: 山間の棚田:

« 東京高裁が袴田事件の再審請求を棄却 | トップページ | またも文化2年創業の老舗を発見 »