« 豪雨被災地で断水続く | トップページ | 豪雨災害と城郭の被害 »

2018年7月12日 (木)

新車から11年でカーナビ交換

知らない土地に行く時、お世話になるのがカーナビです。目的地の住所や電話番号、それらがないような山奥なら直接地図の地点を指示すれば、到着まで切れ目なく道案内をしてくれます。これまで、北は青森の竜飛岬まで、南は九州の阿蘇まで愛車で旅をしましたが、実はカーナビが内蔵している地図は7年ほど前の内容で、新東名は表示されません。最初の地図も新名神が開通する前のものでしたので、一度新しい地図に更新したのですが、カーナビそのものが廃盤になったために、以後更新は打ち切りとなってしまいました。

P4240062r17

津軽海峡を望む、自衛隊の監視所がある竜飛岬の最先端です。対岸に見えるのは北海道です。

仕方ないので、最近はタブレットで無料カーナビアプリを使って補助していますが、何かと面倒です。また、ナビのテレビチューナーはアナログ仕様なので、デジタル化された現在では外付けのワンセグチューナーを接続していますが、これまた面倒です。
以前、最新のナビに交換することを考え、ディーラーに相談したらびっくりするような費用見積もりでしたので、結局そのまま使い続けることにしていました。

純正ナビに拘っていたのには、バックカメラやETCの情報がナビで見られることが理由でしたが、調べたら純正品でなくても一部の機能を引き継げることが判りました。更にオプション品のドライブレコーダーなら、ナビの画面で操作できることが判ったので、この際思い切って交換することにしました。

昨日取り付け作業が終わり自宅までの間、新しい画面を見ていましたが、やはり長年使ってきた画面と違うので、少し違和感を感じます。慣れるまで少し時間がかかりそうです。

|

« 豪雨被災地で断水続く | トップページ | 豪雨災害と城郭の被害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/66931502

この記事へのトラックバック一覧です: 新車から11年でカーナビ交換:

« 豪雨被災地で断水続く | トップページ | 豪雨災害と城郭の被害 »