« イージスアショアの妥当性 | トップページ | 浜松城第24次発掘調査 »

2018年8月 4日 (土)

護衛艦「いずも」が清水港に

海上自衛隊最大の護衛艦「いずも」(基準排水量19500トン)が清水港に寄港し、今日明日と一般公開されるので行って来ました。

P8040036r18

とにかく巨大です。これまで同様の外観を持つ、ヘリコプター搭載護衛艦の「ひゅうが」を見たことがありますが、優に二回りは大きい印象です。

P8040074

以前帰港した護衛艦「ひゅうが」です。

P8040013r18

搭乗口で乗員が敬礼で迎えてくれました。

P8040014r18

「いずも」の格納庫内。噂のF-35Bが何機も搭載できそうです。

P8040023r18

下降用のエレベーターを待つ見学客。後方の艦橋はビルのような高さです。

P8040024r18

広い飛行甲板。まさに空母と呼ぶにふさわしい広さです。

P8040006r18

対艦ミサイルを防禦する「SeaRAM」近SAMシステム。独立したレーダーで突入して来る対艦ミサイルを小型ミサイル発射して撃破します。

P8040009r18

従来から使われているファランクス20mm機関砲です。「SeaRAM」は8発撃てば次のミサイルを装填しなければなりませんが、ファランクスは連続して射撃が可能です。但し、使用しているのが20mm機関砲弾なので、高速で突入して来るするミサイルを手前で撃破しきれない可能性もあると言われています。

P8040017r18

艦尾で翻っていた海上自衛隊旗の旭日旗。今日は大変暑い日差しが照り付ける天候でしたが、海風が吹いてくれたので、暑さをなんとか凌ぐことができました。

|

« イージスアショアの妥当性 | トップページ | 浜松城第24次発掘調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/67021281

この記事へのトラックバック一覧です: 護衛艦「いずも」が清水港に:

« イージスアショアの妥当性 | トップページ | 浜松城第24次発掘調査 »