« 嵐の前の静けさ | トップページ | 北海道で強い地震 »

2018年9月 5日 (水)

高潮で関空が水没

台風21号は強い勢力を保ったまま関西地方を直撃し、各地に大きな被害をもたらしました。これまで強風で大型トラックが横転する映像は見たことがありましたが、昨日は商用車や軽自動車までもが風で横転する事態となり、多くの建物の屋根が飛ばされたり、倒壊する被害が多発しました。また、高潮によって多くの場所で冠水被害が発生、一時水没した自動車のバッテリーがショートして多数の中古車が焼ける被害も発生しました。

そのような中で最も衝撃的だったのが、関西国際空港の冠水です。関空は風雨が強まったために正午に空港が閉鎖されていましたが、その後高潮によって滑走路が冠水、更にターミナルビルまで浸水してしまい、陸上への連絡橋にタンカーが衝突して使用不能になるオマケまで付いてしまいました。このため利用客が缶詰となってしまい、昨夜は3000人ほどが空港に足止めされる事態となりました。

Photo

関西国際空港はこのような立地です。 (出典:国土地理院電子地図 地理院地図)

関空は陸地から5Km沖合の水深20mの海底を埋め立てて建設された海上空港ですが、軟弱な地盤を埋め立てた立地のため、これまでも地盤沈下が心配されていました。当初海面から5mの高さを想定されていましたが、現在最も低い地点では海面から1.9mほどの高さしかありません。

今回この地域の高潮は2.5mあったと言うことですから、60cm水没するのは当たり前です。こうした被害は過去の災害から当然予想されたことなのに、空港側が事前に利用客の避難誘導を全くしなかったのは大失態と言えるでしょう。また、海水に浸かってしまったことで空港の保安設備のみならず、航空機をけん引したり、乗降客が利用するタラップ車なども損傷したと思われますので、空港の再開には相当な期間が必要になるのではないかと思われます。

今のところ日本政府は何のコメントもしていませんが、主要な国際空港であり、地元の経済に大きな影響をもたらしますので、何らかの支援が必要なのではないかと思います。その上で、想定される南海トラフ大地震によって発生する津波対策など、今後関空をどう運用していくのか、国家としての議論が求められるのではないかと考えます。

|

« 嵐の前の静けさ | トップページ | 北海道で強い地震 »

コメント

関空に缶詰めになった人数は3000人ないし5000人と想定されましたが、実際には7800人にも達していたようで、空港当局の当事者能力の無さが、これだけでも際立ちます。

復旧の目途は全く立っていないようですが、被害の程度が軽かったB滑走路を使って運航を再開する方針のようです。ターミナルビルの整備や地上作業車、機体整備体制の確保が条件になりますが、これらをクリアできれば何とかなるように思われます。

それにしても東日本大地震で、非常用電源を地上に置くことが問題となりましたが、海上空港でありながら全く対策を取っていなかったことに呆れます。

投稿: 雨辰 | 2018年9月 6日 (木) 07時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/67133131

この記事へのトラックバック一覧です: 高潮で関空が水没:

« 嵐の前の静けさ | トップページ | 北海道で強い地震 »