« 北海道大規模停電続く | トップページ | 北海道地震救助活動続く »

2018年9月 8日 (土)

83歳現役山岳写真家

知人に御年83歳ながら未だに幻影機でフィルム一眼レフカメラを担ぎ、南アルプスに登って山の写真を撮り続けている方がいます。そのバイタリティーには、ただただ脱帽するばかりですが、毎年会員の方と写真展を開かれていますので、本日足を運んで来ました。

今回は4名での出展で、それぞれ南アルプス、八ヶ岳、北アルプスと各自のホームグラウンドでの作品が展示されていました。

P8140063

山を撮ろうと思えば、まずその撮影場所まで登らなければなりません。勿論撮影機材は背負って登ります。更に、天候や光線の状態など撮影意図にあった条件になるまで、ひたすら待たなければなりません。作品の一つ一つがこうした苦労の末の結晶なので、作者の思いが熱く伝わって来るようです。

Pa112438

私自身は、最近は色々とあって思うように山に行っていませんが、山の写真を見て、大いに刺激を受けました。

|

« 北海道大規模停電続く | トップページ | 北海道地震救助活動続く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/67145155

この記事へのトラックバック一覧です: 83歳現役山岳写真家:

« 北海道大規模停電続く | トップページ | 北海道地震救助活動続く »