« 秋が一段と深まる | トップページ | 駿河、遠江、三河の諸将は何故秀吉の死後に家康に付いたのか? »

2018年10月25日 (木)

米国が妊婦に日本への渡航自粛勧告

米国が妊婦に対し、日本への渡航自粛勧告を出しました。最初、この報道に接して正直意味が判りませんでしたが、日本国内での風疹の大流行を受けての措置だと知って納得です。

米国疾病対策センター(CDC)は日本時間の23日、予防接種や過去の感染歴のない妊婦には日本に渡航しないように勧告しました。

日本の国立感染症研究所の発表では、10月8日から14日までの1週間で、新たに141人の風疹患者が報告され、6週間連続で150人規模の患者が発生しており、2018年の累積患者数は1289人に上っています。昨年1年間の発生数は93人でしたから、2か月以上を残して14倍近い発生振りです。

地域別では東京が46人、神奈川26人、千葉15人、愛知10人で、首都圏での発生が目立っています。患者は30~40代の男性が多いとのことですが、風疹のウィルスはインフルエンザ以上の感染力があり、通勤電車内や職場での感染が多いのではないかと想像されます。

Pa260023r

|

« 秋が一段と深まる | トップページ | 駿河、遠江、三河の諸将は何故秀吉の死後に家康に付いたのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国が妊婦に日本への渡航自粛勧告:

« 秋が一段と深まる | トップページ | 駿河、遠江、三河の諸将は何故秀吉の死後に家康に付いたのか? »