« 韓国が海自護衛艦に非常識な要求 | トップページ | 現存12天守登城制覇 »

2018年10月 4日 (木)

浜松大停電終息へ

今回日本列島を縦断した台風24号は、各地に深い傷跡を残しましたが、当地浜松でも最大風速41.9mの猛烈な風を観測しました。この強風によって市内の各所で停電が発生、市内の7、8割が停電するという未曽有の大災害となり、テレビの全国ネットでも中継を交えて度々取り上げられました。本日4日朝の時点で、静岡県内で2万戸が未だ停電中ですが、本日中に全て復旧する見通しとなりました。

Pa010494

大きく傾いたアマチュア無線のアンテナ

幸い我が家周辺は停電を免れましたので、停電時の詳細な様子は判りませんが、概ね30日の午後11時頃に広域に発生した模様です。1日の朝、信号機が点灯していない場所があることを発見、停電が長引いているなと感じましたが、まさかここまで長引くとは思っていませんでした。コンビニを始め、多くの店舗が停電のため閉店を余儀なくされましたが、当初は店を開けたコンビニも、停電が長引いて結局閉店に追い込まれてしまいました。

これまでも台風の直撃などによって停電が発生したことはありますが、海岸部など限られた地域だけでした。ところが今回は市街全域にわたって停電が発生する事態となりました。1日月曜日の段階では、大規模停電が発生した事実だけは判りましたが、発生原因や復旧の見通しなどの市民向けの広報はなく、ネットやマスコミを通じておぼろげな情報を手に入れる始末です。所管の中部電力のホームページを見ても発生した町名は判りますが、地図などの具体的な場所までは判らず、復旧の目途もわからず、対処に戸惑った市民も多数になります。

発生4日目となった昨日になっても、私が通行した国道1号線の2カ所の信号機が消えたままとなっていましたが、警察官の誘導も行われていませんでした。電力関係者、警察が組織を挙げて対応したのですが、県下全体の7割が停電する事態の打開は容易ではなかったようです。

ところで、テレビが被災者宅の様子を流した映像で、「オール電化だったので調理ができない。カセットコンロでお湯を沸かしたり、麺を茹でたが炊事はできない。」とコメントしていましたが、違和感を感じました。現在では電気炊飯器で米を炊くのが一般的ですが、ガスを使ってなべで炊飯する方法があります。

今はどうなっているのか知りませんが、私が小学生の頃は6年生くらいで、家庭科の実習があり、ガスコンロとなべを使って炊飯を行いました。また、一般家庭でもキャンプなどで、かまどやガスコンロを使って炊飯した経験も持つ方も多いと思います。電気炊飯器の内がまをガスにかけて炊飯することも可能です。電気が使えないからと折角ある道具を使いこなせないないのは勿体ない限りです。日頃から、こうした時のために敢えて電気以外の方法で炊飯することも経験しておく必要があるのではないでしょうか。

ちょっと炊飯に固執してしまいましたが、もし小麦とキャベツがあるのであれば、お好み焼きなんてのも手軽に作れますね。

|

« 韓国が海自護衛艦に非常識な要求 | トップページ | 現存12天守登城制覇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/67237864

この記事へのトラックバック一覧です: 浜松大停電終息へ:

« 韓国が海自護衛艦に非常識な要求 | トップページ | 現存12天守登城制覇 »