« 秋山ハイキング | トップページ | 浜松城発掘調査の報道発表日 »

2018年10月29日 (月)

SM-3ブロック2Aの迎撃実験に成功

26日、ハワイ沖でイージス艦「ジョン・フィン」から発射されたSM-3ブロック2Aが標的の迎撃に成功したと米国ミサイル防衛局と防衛省が発表しました。前回の実験では3段目のロケットモーターへの点火が上手く行かず、迎撃に失敗していましたが、この問題が解決されたと見られます。これでブロック2Aの迎撃実験は4回中2回の成功となりました。尚、もう1回の失敗は操作員によって誤って自爆させてしまったもので、この成功により開発は順調に進展していると思われます。

Photo

上昇するSM-3ブロック2A  (出典:防衛省)

SM-3ブロック2Aは現行のブロック1A、Bよりも弾道ミサイルの識別能力の向上と射程、射高の大幅な向上を図ったもので、我が国のイージス・アショアやイージス護衛艦「まや」への搭載が予定されています。

米・露はINF(中距離核戦力)全廃条約によって、射程5500Km以下の弾道ミサイルを保有していませんが、条約に参加していない中国や北朝鮮は我が国を射程に収める多数の弾道ミサイルを保有しています。北朝鮮は米・朝の首脳会談によって発射試験は凍結していますが、配備そのものの廃棄は明言しておらず、その意思はないと見られます。また、中国はグアムに対する攻撃力を強化し続けており、当然それは我が国の防衛にも大きく関係します。

ミサイル防衛力の強化は当然ですが、今後はミサイルを撃たせない方策についても検討する時期に来ているように思われます

|

« 秋山ハイキング | トップページ | 浜松城発掘調査の報道発表日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SM-3ブロック2Aの迎撃実験に成功:

« 秋山ハイキング | トップページ | 浜松城発掘調査の報道発表日 »