« 一寸先は闇 | トップページ | 今月の通話が0件 »

2018年11月22日 (木)

日本のEEZ内で韓国警備艦が操業中止を要求

日本海の沖合にある大和堆と呼ばれる浅瀬は、我が国のEEZ(排他的経済水域)内にありますが、好漁場なため各国の漁船とのトラブルが多発しています。EEZ内であっても相互の漁業協定によって操業することも可能ですが、北朝鮮のように正規の手続きを踏まずに違法操業すれば、我が国は中止させる権利があります。ところが、このような権利のない韓国の警備艦が日本漁船に対して操業の中止を求めるとんでもない事件が発生しました。

昨日、第9管区海上保安本部が発表したところによれば、20日午後8時30分頃、イカ釣り漁船第五若潮丸(184トン)がEEZ内で操業していたところ、韓国海洋警察の警備艦から無線で操業の中止と海域からの移動を要求されました。付近にいた巡視船がこの無線を傍受して要求は認められないと複数回伝えましたが回答はなく、逆に漁船に接近したしたため漁船と警備艦の間に割って入りましたが、警備艦と漁船の距離は最短で700m程でした。その後、午後10時50分頃になって警備艦は海域を離れたと言うことです。

Photo

海上保安庁の巡視船「でじま」です。 (今回の事案とは直接関係ありません)

この行為に対し、外務省は東京の韓国大使館に、ソウルの日本大使館は韓国外務省に「日韓漁業協定に反した行為」だとして同日中に強く抗議し再発防止を求めました。これに対し韓国側は「慣れない海域での警備活動で、現場がルールを理解していなかった」などと説明したと言うことですが、とんでもないことです。

韓国海洋警察の警備艦と言えば公艦です。それが、他国のEEZ内で活動するのに、国連海洋法条約や日韓漁業協定の中身を理解していないなどと言うことが、もし本当なら無免許の人間に車を運転させるようなものですし、全て承知の上でやったことなら国際法、漁業協定違反の重大行為です。

憶測になりますが、先日同じ海域で韓国漁船と日本漁船が衝突する事故がありました。韓国警備艦は、これを意識して過剰な行動に及んだのではないでしょうか。しかし、繰り返しになりますが、EEZ内で管理権を持つのは権利国のみです。再発防止の観点からも韓国警備艦艦長に対しては相応の処分が求められます。

|

« 一寸先は闇 | トップページ | 今月の通話が0件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本のEEZ内で韓国警備艦が操業中止を要求:

« 一寸先は闇 | トップページ | 今月の通話が0件 »