« 護衛艦いずもでF-35Bを運用へ | トップページ | エアフェスタ浜松2018 その5 エピローグ編 »

2018年11月29日 (木)

エアフェスタ浜松2018 その4 ブルーインパルス編

各地の航空祭で一番人気のプログラムと言えば、何と言ってもブルーインパルスでしょう。ブルーが参加するか、否かで観客数に大きく影響するとも言われます。エアフェスタ浜松でも、かなりの人がブルーを見るために足を運んだのではないでしょうか。浜松基地は航空自衛隊、そしてブルーインパルス発祥の地なので、熱い思いを持っている方が多いように思います。

Pb250196r18

一気に離陸したと思えば、あっと言う間に隊形を整えて登場です。

Pb250200r18

よくぞ、まあとしか言いようのない密集隊形です。

Pb250201r18

画像をクリックするとスモークの排出口が判ります。

Pb250217r18_2

何と言う高密度な密集でしょうか。

Pb250223r18_2

光線の具合も良く、見事なダイヤモンド隊形です。

Pb250226r18

当日は快晴で、風も強からず、弱からずでスモークがきれいに描かれています。

Pb250231r18

4機が密集しての背面飛行です。

Pb250239r18

ちょっとT-4練習機とは思えない迫力です。

Pb250243r18

急上昇して一転急降下、この時に限って手前に事前のスモークが拡散してしまっているのが残念でした。

Pb250253r18

6機全機での演技ですが、4番機以降はスモークの中を飛びますので、その難易度は図り知れません。

Pb250289r18

背面飛行する先行機をループを描きながら追いかけて行くのですが、ただただ妙技としか言えません。

Pb250068r18

フィナーレは大空に描いたスタークロスでした。この時は風が弱く、いつまでも形が崩れず空に浮かんで余韻を残してくれました。

その5に続きます。

|

« 護衛艦いずもでF-35Bを運用へ | トップページ | エアフェスタ浜松2018 その5 エピローグ編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/67430962

この記事へのトラックバック一覧です: エアフェスタ浜松2018 その4 ブルーインパルス編:

« 護衛艦いずもでF-35Bを運用へ | トップページ | エアフェスタ浜松2018 その5 エピローグ編 »