« 浜松城発掘説明会 | トップページ | スバルが検査不正を公表後も継続 »

2018年11月 5日 (月)

元号の商標登録は不可

世間には大正製薬や明治製菓など元号を企業名や学校名にしているところがたくさんありますが、これは命名当時はそれを規制する法律が無かったからで、現在は現行の元号については商標法の審査基準で認めないことになっています。

来年5月1日には平成に代わって新たなに元号切り替わることになっていますが、これを機に政府は元号そのものを商標の対象として認めない方針に転換する模様です。現在でも過去の元号については受け付けしていませんが、審査基準を明確に変更して混乱を避ける意図があるものと思われます。

明治大学や大正製薬など、当時としては最新の元号を用いることで時代の最先端であることを狙ったネーミングだったのではないかと思いますが、今後この手の時代を反映した名称が出てこないかと思うと少し寂しい気もします。

改元まで6か月を切り、最近は平成最後の〇〇とイベントを称することが多くなりました。小渕官房長官(当時)が誇らしげに「平成」の額を掲げた姿が今でも明瞭に思い出されますが、あれから30年も経ってしまったかと思うと、感慨深いものがこみ上げて来ます。

Pa280002r18

|

« 浜松城発掘説明会 | トップページ | スバルが検査不正を公表後も継続 »

コメント

今朝からNHKでもこの話題を取り上げていました。それだけ元号への国民の関心が高まっていると言うことでしょう。

投稿: 雨辰 | 2018年11月 6日 (火) 08時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/67348547

この記事へのトラックバック一覧です: 元号の商標登録は不可:

« 浜松城発掘説明会 | トップページ | スバルが検査不正を公表後も継続 »