« アサリ激減に歯止めか | トップページ | イージス艦あたごに新能力 »

2018年12月 3日 (月)

あおり運転が去年より倍増

本日は、昨年6月に東名高速で発生したあおり運転による死亡事故の初公判が開かれます。この事件では、なんの落ち度も家族が事故に巻き込まれ、両親は同乗していた姉妹の目の前で死亡し、一瞬にして孤児となってしまいました。しかるに被告は遺族に謝罪もしないなど、全く反省の態度を示さず、心証は最悪です。本来罪を憎んで人を憎まずですが、この被告に関しては方が定めた最高刑が下されることを希望します。

この事件がきっかけで、各地であおり運転の告発や摘発が相次ぎ、事件を記録するためにドライブレコーダーの取り付けが激増、品切れが続出するブームとなりました。このように、あおり運転の認知度が高まったことから、昨今では発生件数は減ったものと思っていましたが、実際は10月までの全国の摘発件数は1万873件と昨年の倍以上となっているようです。

以前から潜在的に起きていたものが、重大事故をきっかけに摘発が強化された結果だと言う見方もあるようですが、あれだけ事故の悲惨な模様や、あおり運転を記録したドライブレコーダーの映像が繰り返し放映されているのに、未だに行為に走る人間がいることが驚きでしかありません。

このような事態は残念としか言いようがありませんが、もし被害に合った際は、決して泣き寝入りせずに警察に訴えることでしょう。加害者を訴えることで再発を防ぐことが何より大切だと思います。

|

« アサリ激減に歯止めか | トップページ | イージス艦あたごに新能力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/67444872

この記事へのトラックバック一覧です: あおり運転が去年より倍増:

« アサリ激減に歯止めか | トップページ | イージス艦あたごに新能力 »