« 新東名で無人トラック走行実験 | トップページ | 韓国の「威嚇飛行」に多くの疑問点 »

2019年1月24日 (木)

韓国が「威嚇飛行」と新たに非難

韓国国防省は23日、日本のP-3C哨戒機が韓国の蘇岩礁(海面下の岩礁で国際的に島とは認められていない)付近で韓国の艦艇に高度60~70m、距離540mまで接近して威嚇飛行を行ったと非難し、「明確な挑発行為」だとした上で、「このような行為が繰り返される場合、軍の対応行動規定に沿って強力な対応を取る」と武力行使もあり得ると受け取られかねない主張をしました。

防衛省はこの主張に対し、飛行記録装置から高度150m、距離500m以内には接近していないことを確認したとしており、今回も韓国側の一方的な主張と見られます。韓国側は昨年末のレーダー照射問題でも、しつこく客観的な証拠を出せと主張する一方で、韓国側の撮影した動画を10秒ほど公開した以外は一切客観的な証拠は示せていません。

P6180088r16

海上自衛隊のP-3C哨戒機です。

今回も哨戒機が接近したとされる動画も、20回ほど無線で接近しないよう警告したとする動画も一切提示せず、前回の日本側が公表した行為についても事前の了承なしと憤慨していたのに、自分達は一方的に主張を公開しているのは、どう見てもフェアな態度とは思えません。

また、この主張と合わせて、今年に入って2回の同様の行為があったと主張しましたが、それぞれ最接近距離が高度60~70mで1.8Km、高度30~40mで3.6Kmと接近とは言えない飛行についても問題視していますが、そのような一方的なイチャモン付けこそ問題です。韓国側としては何としても自国の正当性を主張したいのでしょうが、こんな荒唐無稽な主張は国際的な信用を失うのみで、前最高裁長官を政権の意向で逮捕するなど幼稚な態度を取り続ける韓国政府が心配になる事態です。

|

« 新東名で無人トラック走行実験 | トップページ | 韓国の「威嚇飛行」に多くの疑問点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国が「威嚇飛行」と新たに非難:

« 新東名で無人トラック走行実験 | トップページ | 韓国の「威嚇飛行」に多くの疑問点 »