« ピエール瀧容疑者逮捕 | トップページ | 新元号、自民幹部に事前通達 »

2019年3月14日 (木)

フォルクスワーゲンがEVにシフトで7000人を削減

13日、ドイツの自動車大手のフォルクスワーゲンは今後現在主流のディーゼル車からEVにシフトするため、2023年までに余剰となる従業員7000人を削減すると発表しました。

ヨーロッパではガソリン車より燃費の良いでイーゼル車が好まれる傾向があり、CO2の削減につながるとしていましたが、排ガス不正の問題が明らかになって移行、各社からEV化にシフトする意向が表明されていました。これはEV車が排ガスを全く出さないこともありますが、これまでハイブリット車の開発に注力してこなかったため、多額の資金と開発時間がかかるハイブリットよりも開発時間の資金も少なくて済むEV車を選択したためではないかと思われます。

しかし、ハイブリッド車は従来のエンジンに加えてモーター走行の機構が必要なのに対し、EV車はエンジンやギアを使った駆動機構がそっくり無くなってしまうため、使用部品が大幅に減少し、その分組み立てに要する人員が少なくて済むことになります。そうなれば、今までの人員は必要ありませんから余剰の人員が発生すると言う訳です。また、これは部品メーカーも直撃しますから、部品メーカーを含めると更に多くの人間が職を失うことになります。

また、今後EV化が大幅に進めばガソリンスタンドも必要なくなりますので、数が減少することになり、給油するのに苦労することになるかも知れません。我が国では従来型のエンジン搭載車も当分製造されますし、ハイブリッド車が多く走っていますので、急激に問題化することはないかも知れませんが、現在でも西日本を中心に高速道路での給油所の減少が問題となっています。インフラ面で考えた場合、急激な変化は避けた方が良い様に思いますが、今後の動向が注目されます。

P2290357

ホンダのハイブリッド車です。部品点数は従来車と大きくかわらないのではないかと思われます。

|

« ピエール瀧容疑者逮捕 | トップページ | 新元号、自民幹部に事前通達 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フォルクスワーゲンがEVにシフトで7000人を削減:

« ピエール瀧容疑者逮捕 | トップページ | 新元号、自民幹部に事前通達 »