« 民放連がAM放送の廃止を要請 | トップページ | 浜松市の三区案の妥当性 »

2019年3月27日 (水)

今年も紫の妖精に会いに

毎年この季節になると、近くのカタクリ山を訪れています。もうかれこれ10年ほどの春の儀式です。カタクリ山は標高300m程の低山なので、いつもワンコを連れて行きますが、ワンコも今年の夏で15歳になるので運動機能の衰えは否めません。恐らく、これが最後のカタクリ山訪問となると思われましたので、ひときわ感慨深い山歩きとなりました。

P3270006r19

ここに来て、桜の開花も足踏みを続けていますので心配していましたが、ちょうど見頃となっていました。

P3270001r19

平日なので、ゆっくり花を見ることができると思っていましたが、なんと休日と変わらない賑わいでした。

P3270030r19

今年は、少し花が少ないような気がしました。

P3270035r19

白花のカタクリも健在でした。

P3270037r19

登る時はちょっとバテ気味で、果たして頂上まで辿り着けるかと危惧しましたが、何とか歩き通し、下りでは以前のようにグイグイと引っ張って歩きました。

P3270047r19

駐車場の八重桜も見頃を迎えていました。

|

« 民放連がAM放送の廃止を要請 | トップページ | 浜松市の三区案の妥当性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 民放連がAM放送の廃止を要請 | トップページ | 浜松市の三区案の妥当性 »