« 連れ去られた子猫が無事保護される | トップページ | 墜落したF-35Aは緊急脱出できなかった模様 »

2019年4月10日 (水)

空自のF-35Aが行方不明、墜落か

昨日午後7時30分頃、航空自衛隊の最新鋭ステルス機のF-35A1機が、基地の東方135Kmの太平洋上でレーダーから機影が消え、墜落したものと見られています。行方不明となったのは国内の三菱重工で組み立てられた初号機で、3機の同型機と共に夜間の戦闘訓練を行っており、40代の3佐が搭乗していました。

F35a

F-35A戦闘機 (出典:防衛省)

事故を受けて防衛省は24時間体制で捜索を続けていますが、機体の一部が発見されたとの情報はあるものの、未だパイロットは発見されていません。F-35はA、B、C型の3機種が開発され、これまでにおよそ350機が製造されていますが、昨年9月28日に米国ノースカロライナ州で海兵隊のF-35B1機が燃料管の不具合で、基地の周辺で墜落していますが、パイロットは無事に脱出しており、墜落事故が少ない機体との評価が上がっていました。今回の事故の詳細は明らかにされていませんが、夜間の戦闘訓練中に発生していることや、異常を知らせる通信がなかったことからパイロットがバーテイゴ(空間識失調)に陥って、海面に衝突した可能性が考えられます。

空自戦闘機の事故としては、今年2月に今回同様に戦闘訓練中のF-2が操作ミスから下降中に機体の引き起こしができなくなり、日本海に墜落する事故が起きたばかりです。また、事故を起こした第302飛行隊は先月26日に百里基地から移転し、F-4EJ改からF-35Aに機種転換し13機で活動を開始したばかりでした。

|

« 連れ去られた子猫が無事保護される | トップページ | 墜落したF-35Aは緊急脱出できなかった模様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 連れ去られた子猫が無事保護される | トップページ | 墜落したF-35Aは緊急脱出できなかった模様 »