« ミラーレス一眼カメラ販売好調 | トップページ | 消防飛行艇が話題 »

2019年4月23日 (火)

韓国が自衛隊機の接近に対する警告を通知

昨年末に発生した、自衛隊機に対する射撃管制レーダー照射事件は未だに解決していませんが、この事態に関連して1月に韓国国防部が在韓日本大使館の駐在武官を呼び、韓国政府の基本的な考えを伝えていたとのことです。以下韓国聯合ニュースからの引用です。

~同部は22日、韓国政府が日本側に対し、自衛隊機が韓国艦艇から3カイリ(約5.5キロ)以内に接近した場合は火器管制レーダーの照射を警告すると通知したとする読売新聞の同日付の報道について、「韓日間の海上での偶発的衝突防止のため、韓国軍の軍事的措置と基調について日本側に説明した」とする立場を発表した。

国防部は当時、在韓日本大使館の武官を呼んで韓国政府の基調を説明したとされる。同部は「日本の哨戒機が(韓国艦艇に対し)超低空接近飛行を行うことは国際慣例違反であり、海上で偶発的な衝突を招く可能性のある非常に危険な行為だ」として、「今後類似の事件が発生した時には、韓国の行動対応指針に従い強力に対応する」と通告。その後、非公開の実務協議で日本側に再発防止策を講じるよう重ねて要求したと伝えられた。

韓国軍は哨戒機による威嚇飛行と日本が主張するレーダー照射問題を受け、軍の対応マニュアルを補完した。

 その内容は公開されていないが、他国の哨戒機が韓国艦艇から一定の距離内に入れば警告の通信を強化したり、艦艇に搭載した対潜水艦ヘリコプターを出動させたりすることなどが盛り込まれているとされる。

 警告の通信内容もより強力な表現に変更され、軍当局は日本の哨戒機が威嚇飛行した場合に周辺で作戦遂行中の韓国軍哨戒機がいれば緊急出動させる方策も検討していると伝えられた。~

う~ん、自衛隊機の行為は国際的な慣行に則ったもので、これまで韓国側も全く問題にしてこなかったものです。また、この記事には載っていませんが、読売新聞が伝えた記事では、3海里以内に接近した場合でも米軍機は除くとされているようで、ダブルスタンダードそのものであり、韓国側の主張には全く正当性はありません。

P9280056r

レーダーを照射されたP-1哨戒機です。

|

« ミラーレス一眼カメラ販売好調 | トップページ | 消防飛行艇が話題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミラーレス一眼カメラ販売好調 | トップページ | 消防飛行艇が話題 »