« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月31日 (金)

ASM-3ミサイルを量産か?

ASM-3は防衛省が開発した空対艦の超音速ミサイルです。2018年度に開発が完了し、2019年度から量産に入る予定でしたが、今年度の予算化は見送られていました。これはASM-3の射程は200Kmほどですが、相手側の防禦体制が改善され、前方に配置されたレーダーによってはるか手前、300~400Kmの距離から迎撃が可能になりつつあるため、発射する航空機の安全が確保できなくなったとの説明です。このため、ASM-3の射程を400Kmに延ばした改良型の開発に着手することが明らかになっています。ところが最近になって、改良型の完成までのつなぎとして、当初仕様のASM-3を量産するとの話が出ています。実はこの話のソースを確認しようとしたのですが、防衛省発表、マスコミ記事とも確認できていません。しかし火のないところに何とやらなので、これはこれで方針転換と言うことではないかと考えます。

Asm

空対艦ミサイルの運用構想図  (出展:防衛省)

とは言うものの、量産が見送られたはずのものが、ここに来て当初仕様のASM-3を量産化すると言うのはどうしてもドタバタ感が否めません。そもそも対艦ミサイル攻撃は、あいての艦艇のレーダーを避け、海面低く飛行して発射することが前提となっているはずなので、あいての対空ミサイルの性能が向上しようが、関係ないはずです。また、一旦量産化を見送ったのに、舌の根も乾かない内に量産化に舵を切り直すのもおかしな話です。公表されない、何か新しい事態が起きている可能性もありますが、そもそもの話が、射程延伸も開発段階で当初タイプト改善タイプに分けて開発していれば、費用や時間も節約できた可能性があります。どうも一旦決定した事項について、柔軟に見直すことが我が国は苦手なように感じます。

| | コメント (0)

2019年5月29日 (水)

国家機密漏洩罪?

韓国で、言論の自由をめぐって政府と野党が対立しています。事の起こりは、最大野党の「自由韓国党」の姜孝祥(カン・ヒョサン)議員が9日、記者会見を開き、7日に行われた文大統領とトランプ大統領の電話会談で、文大統領が日本訪問の帰りに短時間で良いので韓国を訪問して欲しいとトランプ氏に要請したとして、懇願外交だと批判したことを受け、内容は事実無根であるが機密の漏洩事件だとして、内容を漏らした外交官と姜議員を刑事告発する構えを見せています。

これは実におかしな話で、姜議員の主張が本当であるのなら懇願外交そのものですし、逆に事実無根であるのなら、機密漏洩でなく虚偽の主張となり、他人を誹謗中傷したり、国民をそそのかして扇動した訳ではないので、刑事罰まで問えないのではないかと思われます。むしろ、そこまですることが話に信ぴょう性を持たせることになりますが、そうしたのは政府自身の責任です。

ソ連時代のロシアでは、庶民が大っぴらに政府や党を批判することは弾圧の対象になりましたので、陰でひそかに小話で権力を批判してうっぷんを晴らしていました。有名なものに、フルシチョフ首相を公の場である赤の広場で「フルシチョフはバカだ」と繰り返し叫んだ男が直ちに捕らえられ、20年の刑に処せられた話があります。なぜ20年もの重罪となったかと言えば、1年分は最高指導者を侮辱した罪、残りの19年は国家機密を漏洩したからと言うものです。

私には韓国政府の振る舞いが、ソ連の小話そのものに思えて仕方ありません。

| | コメント (1)

2019年5月28日 (火)

またまた無線の話です

  相変わらず無線に熱中しています。病膏肓(やまいこうこう)に入るような状態ではないのですが、前にも書いた通り、使用している無線機が出力6Wなので、50W、100Wの電波が飛び交う中で、何とか交信しようとすれば、ライバルのいない間隙を突くしかありませんので、どうしても受信の時間が長くなってしまいます。昨日は平日でしたが、勤めが休みでしたので、朝から受信を続けていました。すると7MHzで伊豆諸島の神津島、小笠原の父島、鹿児島市が、21MHzで沖縄の宮古島からの電波を受信できました。何とか交信しようと頑張りましたが、めったに聞こえることのない珍局のためライバル局多数が集中、いずれの局とも交信できませんでした。残念なのはその通りですが、まあ、こんなところがアマチュア無線の面白さで、すんなり交信できてしまえば逆にすぐに飽きてしまうのかも知れません。

最初は相手に届くかどうか不安だらけでしたが、実績が積み重なると、この局とは交信できそうだなと言った予想ができるようになり、少し余裕を持って交信できるようになりました。次のステップとして山の上からの交信をしたいのですが、中々機会を作れずに先延ばし状態となっています。

P5260531jpg

 

 

| | コメント (0)

2019年5月24日 (金)

交信記録を大幅に更新

本日夕方、佐賀県伊万里市の局と交信でき、これまでの西方向の交信距離の280Km、及び東北方向の交信距離500Kmを、それぞれ大幅に更新することができました。実は、朝方の時点で島根県雲南市の局と交信できていましたので、これを取り上げるつもりでいたところ、夕方になって長崎県松浦市の局が強力に受信できましたので、これは確実に交信できると、ぬか喜びしていると強力なライバルが次々と現れ、私の微弱な電波は相手にされませんでした。

落胆していると、先ほどの局ほどではありませんが、佐賀県の局がCQを出していたので、ダメ元で呼びかけたところ、応答があり、交信が成立したもので、これまでの交信距離の記録を一気に塗り替えることができました。

Photo_63

わずか6Wの電波が740Kmの彼方まで届いたと思うと、感激もひとしおです。

| | コメント (0)

2019年5月23日 (木)

交信距離を更新

アマチュア無線で遠方の局との交信にチャレンジしていますが、出力が6Wと言うこともあって苦戦しています。アマチュア無線の場合、不特定の相手との交信になるため、同じ局を電波の強い局と弱い局が同時に呼び掛けた場合、弱い局の電波は強い電波にかき消されてしまいます。言ってみれば、原付スクターとナナハンが競争するようなもので、まともにバッティングしたら勝ち目はありません。

そんな訳で、出力が大きい方が有利ですが、めげていてもても仕方ないので、あきらめずに電波を出しています。タイミングが良ければ強い局の間隙を縫って交信できますので、チャレンジを続けることが大切です。そんな中、昨晩東北地方を示す7エリアの局がCQを出していたので、呼び掛けると応答がありました。相手局は宮城県利府町の局です。当地からの直線距離で約500Kmで、最遠距離を更新です。

Photo_62

受信では九州や北海道も聞こえるのですが、中々交信までには至りません。交信できたのは、西の方は今のところ姫路の局が最遠方なので、どちらかと言うと北東方向に電波が飛んでくれているようです。

| | コメント (0)

2019年5月21日 (火)

屋久島遭難騒ぎ

縄文杉で知られる屋久島の宮之浦岳で、大雨によって登山者が下山できなくなり、自衛隊が救出に当たる事案が発生しました。梅雨前線の活発化により、先日は与那国島で一か月分の降雨量よりも多い雨が24時間で降り、浸水被害をもたらしましたが、今回は午後になって予想以上の降雨となり、増水や崩落などによって、大勢の登山者が山中に閉じ込められる事態となりました。

元々屋久島は雨の多いことで知られていますが、今回は通常をはるかに上回る50年に一度の降雨があり、想定を超える災害となってしまったものです。警報が出されたのが午後3時でしたが、その時点では300人を超える登山者が入山しており、下山するのが手遅れとなってしまったものです。

警報や注意報は気象庁の管轄ですが、数十年に一度と言った近年経験したことがない災害の場合、気象庁の警報や注意報の発令が間に合わないことがありますが、今回はまさにそのような事態になってしまいました。自然の中に入ることが前提の登山の場合、山中での出来事は全て自己責任となりますので他人任せにせず、事前の天気予報や行動中の気象の変化を把握し、危険と感じられれば警報が出なくても直ちに避難することが求められます。

| | コメント (0)

2019年5月18日 (土)

苦戦中

水曜日にアマチュア無線のアンテナを、高く上げ直しました。これで送受信性能が向上したかと思っていましたが、その後交信できたのは1局のみで、従来の方が交信が容易だった感じです。今回のアンテナの手直しでは両端の高さはそのままで、中央部分だけを高くしているので、アンテナの特性が従来から変わってしまったのかも知れませんし、電波を反射する電離層の状態が変化してしまった可能性もあります。良かれと思ってしたのですが、今のところが結果が出ていません。出力が少ないだけに、大いに苦戦中です。

Photo_61

| | コメント (1)

2019年5月17日 (金)

京都2019 洋風建造物編

京都と言えば寺社を初めとして歴史的な建造物に事欠きませんが、日本的な風景の中に西洋風な建造物がありましたので、今回はそれを取り上げます。

P5120001r19

地下鉄の蹴上(けあげ)駅から南禅寺に向かう途中にある小さなトンネルの「ねじりまんぽ」です。まんぽとはトンネルの意味のようです。

P5120009r19_1

テレビドラマによく登場する南禅寺水路閣です。ちょうど修学旅行の一団と遭遇してしまったので、下部まで写せませんでした。

P5120069r19

宿に向かって三条通りを歩いていると、立派な建物があり、思わず足を止めてしまいました。現在も使われている中京(なかぎょう)郵便局です。

P5130087r19 

翌朝、東側から。

P5130085r19

京都文化博物館。化粧直しを終えたばかりなのか、レンガの赤さが鮮やかでした。

P5130082r19

同じく三条通りにあった石造りの建物。由来の表示を探しましたが、見つからず、どのような目的で建てられたのかは判らず仕舞いです。

P5130090r19

烏丸通りと三条通との交差点脇にあるみずほ銀行の京都中央支店です。今回は三条通り周辺で見かけたものばかりですが、まだまだたくさんある筈なので、出掛けた際には探してみるのも面白いかも知れません。

| | コメント (0)

2019年5月16日 (木)

アマチュア無線のアンテナを手直し

昨日は仕事が休みでしたので、アマチュア無線のアンテナを手直しすることにしました。現在のアンテナは、二階のバルコニーに設置していたBSアンテナ用のポールにイレクターパイプを継ぎ足して、二階の屋根の雨樋付近から電線を東西に張っていますが、悪天候など緊急時には直ぐに下せるように、それぞれのポールにロープで釣り上げる方式を採っています。

P5110523

こんな具合です。こんなアンテナでも九州や北海道のアマチュア局が受信でき、出力6Wと豆球ほどのパワーしかないトランシーバーでも埼玉や兵庫の局と交信できるので大したものです。で、何が問題かと言うと、第一に仮設のつもりだったので防水性がないこと、第二が高さが低すぎることです。防水性と言うのはアンテナ線と同軸ケーブルを結合するのに整合器を介しているのですが、これが防水仕様ではないのでジップロックに入れて接着剤で雨水が入らないようにしていますが、耐久性が心配です。高さが低いのは電波の飛びに影響するので、高い方が有利となります。

午前中に部材の買い出しに行き、午後からアンテナを下ろして、新しいアンテナを上げ直したのですが、これが意外と大変でした。おまけに途中から風が強くなって、パイプ固定するまで手で支えるのに四苦八苦でした。2時間ほど済ますつもりが結局4時間ほどかかってしまいました。新しいアンテナは以前より2mほど高くなり雨樋の上に突き出すようになりました。手すりから3m付き出ているので安全を考えて針金で支線を取っています。

早速効果を確認しましたが、昨日は電波状態があまり良くなく1局と交信しただけですが、残念ながらあまり効果は認められませんでした。

P5160527

こちらが新しいアンテナ。2mほど高くなりました。

 

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

京都2019 新緑編

12、13日で京都に行って来ましたので、その時の様子を写真で紹介したいと思います。最近は行く所が何となく決まってしまっていますが、季節が変わると新たな発見もあるようです。

P5120002r19

まずは南禅寺の三門です。紅葉の頃が絵になるのですが、新緑の頃も良いものです。観光客がひっきりなしに行き来しているのですが、ふっと人波が途絶えた一瞬です。

P5120004r19

三門脇から国宝の方丈を望んで。東山の新緑がきれいでした。

P5120005r19

こちらも南禅寺。法堂脇のカエデに赤いプロペラのような種が育っていました。

P5120022r19

白川沿いの木陰に、ひっそりとカモが羽を休めていました。

P5130101r19

こちらは東福寺です。こちらも新緑のモミジに赤い種が付いていました。東福寺も何回も行っていますが、今回初めてJR奈良線を利用してみました。地下鉄は通勤時間帯はかなり混みますが、奈良方面行きはそんなに混雑しませんでしたので利用価値大のようです。

| | コメント (0)

2019年5月13日 (月)

お通夜

今日は、去る8日に突然波乱に満ちた人生を終えてしまった、元喫茶店「夢」の店主だったYさんのお通夜でした。晩年は妹さんの元に身を寄せていましたので交友関係も限られていましたが、「夢」を通じてつながりを持った関係者25人ほどが集まって、静かに故人との別れの時間を過ごしました。

P5110012r19

喫茶店「夢」店じまいの日のYさん。長い間お世話になりました。

久しぶりに顔を合わせて面々は、それなりの年月を経て、年齢にふさわしい顔つきになっていましたが、それでも瞬時に当時の面影がうかがえて、ウン十年の時を遡って昔話に花を咲かせました。Yさんが「夢」を開いていなければ、こうした出会いは無かった訳で、その影響力の強さを改めて感じた次第です。実は私とカミさんの出会いも、この夢」でした。私も元気でいる限り、夢の名前を伝えるべく、このブログを更新し続けたいと思っています。

P5110011r19jpg

「夢」には三方原の戦いの取材で浜松城を訪れた、作家の新田次郎氏も来店したことがあり、「浜松や、「夢」に憩いて桜花(はな)を見る」の一句を詠んでいます。

| | コメント (0)

2019年5月12日 (日)

京都に来ています

今日は、以前勤めていた会社のOB 会があったので、京都に来ています。京都は一年振りですが、新しい店ができた反面、これまであった店がなくなっていたりと、世の中が絶えず動いているのは京都も例外ではないようです。いつも利用していたショッピングセンターの有料駐車場に駐車しようと行ってみたら、なんと建て替えの為に取り壊し中で、利用できませんでした。あわてて近くの駐車場を探して、事なきを得ましたが、油断大敵でした。

また、連休明けなので、少しは人出も少なくなっているかと期待していましたが、流石は京都だけあって、いつもと変わらない賑わいでした。

Img_20190512_145617

南禅寺と言えば三門と水路閣が人気ですが、どちらも大勢の観光客で賑わっていました。

P5120040r19

こちらは八坂の塔の近く。ご覧のような混雑でしたので、清水寺まで足を延ばすつもりでしたが、止めて引き返しました。

今日は予想最高気温が30℃と、真夏日になることが心配されましたが、幸いそこまでの温度にはならなかったようで、いつものお決まりのコースをのんびり楽しむことができました。

| | コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

訃報届く

今朝、カミさんのスマホに1本の電話がかかりました。それは、このブログのタイトルにもなっている元喫茶店「夢」の店主Yさんの逝去を伝える電話でした。実は、Yさんとは今月3日に会ったばかりで、当日は元気そうでしたので、この知らせには大変驚きました。

人間は、いつかこの日を向かえるので、仕方がないのですが、それにしても突然でした。もっと、もっと話したいことがありましたので、残念で仕方ありません。今はただ冥福を祈るばかりです。

P9150004

病気で不自由な体となった後、最後の山行となった2002年9月の山伏(2014m)登山。

| | コメント (0)

アマチュア無線で遠距離局と初交信

今年の年初からアマチュア無線の活動を再開していますが、昨日、初めて遠方の局と交信することができました。無線に無縁の方には解りにくいと思いますが、電波の周波数と伝わり方の間には、特有の性質がありますので、遠方の局と交信するのは実は大変なことなのです。

Photo_58

今、ある地点から電波を送信した場合、Aのように電離層に直進すると電波は電離層を突き抜けてしまい、地上に戻って来ません。そこで、Bのように電離層に大きな角度になるように送信した場合、電波は電離層で反射して離れた地点に届きます。無線通信では電波のこの性質を利用して遠距離通信を行います。

私が今回交信したのは波長が40mの7MHzの帯域ですが、電離層は周波数が低いほど反射しやすく、周波数が高いほど突き抜けやすい性質を持っています。また、交信は大きな電力で強い電波を使った方が、受信がしやすく、交信距離を延ばすことが可能になります。アマチュア無線の場合、保持している免許の等級によって、扱える出力が決められています。等級と可能な出力は以下のようになっています。

1級 最大1000W  2級 200W 3級 50W 4級 10W

最近は3級以上の局が多く、大きな出力で交信を行っていますが、私が持っているのは4級の資格なので、扱えるのは基本的に10Wです。しかも使用している機材の最大出力が6Wなので、遠距離交信には向いていません。6Wと言うのは家庭用の照明の豆球とほぼ同じ電力です。しかし、昨夜は電波の伝搬が非常に良い状態で、普段は雑音に埋もれているような地域の局も明瞭に聞こえていました。これなら、もしかしたら非力な私の機材でも届くかもしれないと、ダメ元で相手を呼ぶと、何と1発で応答がありました。相手の局は兵庫県の姫路市です。

Photo_59

浜松と姫路の位置関係です。 (国土地理院の地理院地図を加工しています。)

浜松市と姫路市はおよそ280Km離れています。地図で見る通り、間には山があるので直線で電波は届きません。電話局や放送局のように、マイクロウェーブなどの高性能なアンテナと大出力の送信機を使えば何ということはないのですが、庭先に張った手作りの電線のアンテナと、たかだか6Wの出力の送信機で、280Km離れた局と明瞭な交信を行うことができたのは、ひとえに電離層のコンディションのお陰です。アマチュア無線では、受信状態を5段階の了解度と、9段階の信号強度で表し、最高の受信状態は59、最悪の受信状態は11となります。驚いたことに、私の電波は相手の受信機に59で受信されました。電離層のコンディションと相手の優れた機材に助けられた側面が大きいのですが、とにもかくにも、私の初の遠距離通信は大成功でした。

| | コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

北海道で自然の一端を見た

GWに仕事先の旅行で北海道に行って来ました。登別温泉に一泊し、朝食までに時間があったので、早朝散歩に出掛けました。地獄谷を経て大湯沼の噴気に魅せられて写真を撮っていると、山の上に何やら動く気配が・・・。

Photo_69

丸印の部分を拡大すると、

Photo_70

どうやら野生の鹿のようです。ここは北海道なのでエゾシカということになります。鹿までの距離は200mほどです。折角の機会なので野鳥を撮るつもりで持って来た望遠ズームに交換して撮影です。

P4300095r19

エゾシカたちも朝食の真っ最中のようです。

P4300097r19

右側がグループのリーダーのようで、終始一番右側の位置に立って私の方を見つめていました。それにしても、温泉街からいくらも離れていない場所に鹿が出没するとは、流石は北海道と感心です。

で、当初の目的の野鳥の撮影ですが、思いの外散策の観光客が多く、中奈々お目にかかれませんでした。

P4300099r19

キツツキの仲間のコゲラです。撮影の絶好のチャンスと思っていたら、反対側からジョギングの女性が現れて、慌てて飛び去ってしまいました。う~ん、残念。

 

| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

モスクワのシェレメチェボ空港で旅客機が炎上

10連休も終わり、今日から多くの人が仕事に復帰することと思いますが、連休の最後に海外で大きな航空機事故が発生しました。現地時間の5日夕方(日本時間6日未明)、モスクワのシェレメチェボ空港を離陸した、アエロフロート・ロシア航空のスホイ・スーパージェット100が離陸直後に落雷に合い機体に異常が発生、引き返して同空港に緊急着陸しましたが、滑走中に機体後部から出火、火災で乗客40人、乗員1人の合わせて41人が亡くなる大事故となりました。

事故の詳細は明らかになっていませんが、事故機は離陸後まもなく落雷に合い、通信機能が不能となったことからシェレメチュボ空港に緊急着陸したものですが、着陸時の動画によればかなりのスピードで着地したことから一度バウンドし、再度接地した時に機体後部から出火しています。一部報道によれば、落雷により事故機の速度計が正常に機能していなかった可能性があり、通常の着陸速度より高速で着地したことで、降着装置が折れ、胴体着陸になって火災となった模様です。また、離陸直後で多くの燃料が搭載されていましたが、事態が切迫していたためか、燃料の投棄を行わないまま着陸したことが、火災を大きくしたものと見られます。また、避難の際は手ぶらで非難することが決められていますが、前席の乗客が手荷物を持って避難したことで、避難に時間がかかってしまい被害を拡大したようです。

私も連休中に飛行機を利用して旅行をしましたので、とても他人事とは思えません。一般的に飛行中の落雷で事故が起きることはないようですが、この事故を契機に、落雷に対する機器の防禦性能が向上することが望まれます。

P4290072r19

着陸しようとする中国の海南航空機。(事故機とは関係ありません。)

| | コメント (0)

2019年5月 4日 (土)

ホリエモンロケット打ち上げ成功

堀江貴文氏が役員を務めるベンチャー企業の「インターステラテクノロジズ」社は本日午前5時45分、北海道大樹町から自社開発のMOMO3号を打ち上げ、ロケットは高度113Kmに到達し、打ち上げは成功しました。MOMO3号は全長およそ10m、直径50cm、質量1150Kgで、エタノールを燃料、液体酸素を推進剤としています。機体の大きさは超小型衛星を打ち上げたJAXAのSS-520に近いものですが、MOMO3号は一段式のロケットのため、衛星の打ち上げ能力はありません。

但し、「インターステラテクノロジズ」社は、2023年までに超小型衛星の打ち上げを目指すとしていますので、計画通りに事が運べば、衛星打ち上げも夢ではありません。我が国最初の人工衛星は、東大航空宇宙研究所が1970年に打ち上げたラムダ4S5号機なので、今から50年近くも前のことです。10年ひと昔と言いますが、その間の技術の進歩は目を見張るものがありますので、民間のベンチャー企業と言えども侮れません。

民間では他にも、キヤノン電子が主体となって衛星の打ち上げを行う会社を発足しており、2021年の打ち上げを目指して和歌山県に射場を確保しています。

| | コメント (0)

2019年5月 2日 (木)

令和が静かに船出しました

令和になって二日目ですが、新天皇に関するニュース・話題があふれています。ご祝儀と言うことでもないでしょうが、共同通信の新天皇に関する世論調査では、親しみを感じるが82%の結果で、5人中4人とかなりの高率で肯定的に受け止めています。

そのような中、一部の意見として、国費で即位に係る行事を執り行ったことに、天皇の政治利用との批判が上がっていますが、おかしな話です。そもそも憲法では第二条で、「皇位は世襲のものであって、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する」となっており、更に第四条で、「この憲法の定める国事行為のみを行なひ」とありますので、政治的に極めて重要な国事行為の執行者としての地位に就く行事を国費で賄うことには当然です。国事行為を執り行うことは政治と無縁ではありません。もし憲法の規定に反し、天皇が総理大臣や最高裁長官を任命しなければ、重大な事態に陥ります。また、法律、政令の及び条約の公布を行うことができず、大臣の任命や国会を召集、衆議院の解散、総選挙の公示も行えません。

天皇制に反対する立場の人は、憲法改正にも否定的なスタンスであることが一般的ですが、天皇の地位や行いについて憲法に規定している以上、憲法改正を認めないのは矛盾する考えです。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

出発便が遅延

今日は旅行の最終日。予定より早く空港に到着して搭乗手続きをしていたら、折り返し便が遅れるので、出発が遅くなるとのアナウンスが・・・。

ただでさえ帰宅時間が遅くなる予定だったのが、更に遅れることになってしまいました。空港からの接続が微妙になりそうですが、なるようにしかならないので仕方ありません。じっと出発を待つのみです。

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »