« ホリエモンロケット打ち上げ成功 | トップページ | 北海道で自然の一端を見た »

2019年5月 7日 (火)

モスクワのシェレメチェボ空港で旅客機が炎上

10連休も終わり、今日から多くの人が仕事に復帰することと思いますが、連休の最後に海外で大きな航空機事故が発生しました。現地時間の5日夕方(日本時間6日未明)、モスクワのシェレメチェボ空港を離陸した、アエロフロート・ロシア航空のスホイ・スーパージェット100が離陸直後に落雷に合い機体に異常が発生、引き返して同空港に緊急着陸しましたが、滑走中に機体後部から出火、火災で乗客40人、乗員1人の合わせて41人が亡くなる大事故となりました。

事故の詳細は明らかになっていませんが、事故機は離陸後まもなく落雷に合い、通信機能が不能となったことからシェレメチュボ空港に緊急着陸したものですが、着陸時の動画によればかなりのスピードで着地したことから一度バウンドし、再度接地した時に機体後部から出火しています。一部報道によれば、落雷により事故機の速度計が正常に機能していなかった可能性があり、通常の着陸速度より高速で着地したことで、降着装置が折れ、胴体着陸になって火災となった模様です。また、離陸直後で多くの燃料が搭載されていましたが、事態が切迫していたためか、燃料の投棄を行わないまま着陸したことが、火災を大きくしたものと見られます。また、避難の際は手ぶらで非難することが決められていますが、前席の乗客が手荷物を持って避難したことで、避難に時間がかかってしまい被害を拡大したようです。

私も連休中に飛行機を利用して旅行をしましたので、とても他人事とは思えません。一般的に飛行中の落雷で事故が起きることはないようですが、この事故を契機に、落雷に対する機器の防禦性能が向上することが望まれます。

P4290072r19

着陸しようとする中国の海南航空機。(事故機とは関係ありません。)

|

« ホリエモンロケット打ち上げ成功 | トップページ | 北海道で自然の一端を見た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホリエモンロケット打ち上げ成功 | トップページ | 北海道で自然の一端を見た »