« 出発便が遅延 | トップページ | ホリエモンロケット打ち上げ成功 »

2019年5月 2日 (木)

令和が静かに船出しました

令和になって二日目ですが、新天皇に関するニュース・話題があふれています。ご祝儀と言うことでもないでしょうが、共同通信の新天皇に関する世論調査では、親しみを感じるが82%の結果で、5人中4人とかなりの高率で肯定的に受け止めています。

そのような中、一部の意見として、国費で即位に係る行事を執り行ったことに、天皇の政治利用との批判が上がっていますが、おかしな話です。そもそも憲法では第二条で、「皇位は世襲のものであって、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する」となっており、更に第四条で、「この憲法の定める国事行為のみを行なひ」とありますので、政治的に極めて重要な国事行為の執行者としての地位に就く行事を国費で賄うことには当然です。国事行為を執り行うことは政治と無縁ではありません。もし憲法の規定に反し、天皇が総理大臣や最高裁長官を任命しなければ、重大な事態に陥ります。また、法律、政令の及び条約の公布を行うことができず、大臣の任命や国会を召集、衆議院の解散、総選挙の公示も行えません。

天皇制に反対する立場の人は、憲法改正にも否定的なスタンスであることが一般的ですが、天皇の地位や行いについて憲法に規定している以上、憲法改正を認めないのは矛盾する考えです。

 

 

 

|

« 出発便が遅延 | トップページ | ホリエモンロケット打ち上げ成功 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出発便が遅延 | トップページ | ホリエモンロケット打ち上げ成功 »