« 富士山の局と交信 | トップページ | 富士山七曲り駐車場からの電波は届かない »

2019年6月25日 (火)

F-2戦闘機の後継機開発は来年度も見送りの模様

F-2戦闘機の後継問題については、開発に10年以上かかると見られることからタイムリミットが近づいています。しかし、開発には巨額の費用がかかることから、国産か国際共同開発かで意見が割れていますが、最近では共同開発案に傾いている印象です。しかし、昨日の報道によれば、後継機の仕様がまとめ切れていないため、来年度予算での開発費の要求を見送る方向と伝えられました。最初に述べたように、開発には相当の年数がかかると思われますので、これは大変まずい状況です。

Pa050154r18jpg

飛行開発実験団所属のF-2戦闘機です。

戦闘機は最低でも30年は一線で使用されます。開発に10年かかるとすれば、40年にわたって陳腐化しない技術が求められますので、40年先に軍事情勢を見越して、どのような仕様にするのか決定するのは至難の業です。最近は多数のAAM(対空ミサイル)を搭載する方向に関心が高まっていますが、以前は中距離AAM4発と短距離AAM2発と言うのが標準的な搭載数でした。従来の戦闘機は主翼の下にミサイルを吊るす形で搭載しますので、物理的にはかなりの数を積むことが可能です。しかし、近年はステルス化するためにミサイルを機体内に格納する方法が主流になりつつありますが、こちらは寸法上の制約が出てきます。以前の基礎研究では中距離AAM4発搭載よりも6発搭載の方がかなり有利になるとの結果が出ていますので、これが全く無視されることはないでしょう。

また搭載機器についても、今後の技術の進展をどこまで見込むかと言ったことも考えればきりがありません。但し、アップデートをしたり、機器そのものを交換する方法もありますので、あまり細部にこだわる必要はないものと思われます。現在F-35を導入中ですから、この運用結果も反映したいのでしょうが、あまりそれにこだわるよりも、むしろF-35とどう連携するかを考えれば、おのずと方向性は出て来るのではないかと思います。まず、スタートを切ることが重要なので、X-2よりも現実的な実証機を作り、細部を詰めていけば良いのではないかと考えます。

X

先進技術実証機X-2です。 (出典:防衛省)

 

|

« 富士山の局と交信 | トップページ | 富士山七曲り駐車場からの電波は届かない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 富士山の局と交信 | トップページ | 富士山七曲り駐車場からの電波は届かない »