« ASM-3ミサイルを量産か? | トップページ | 浜松城第26次発掘調査は先送りか »

2019年6月 2日 (日)

玉城デニー知事発言はアウト

尖閣諸島は我が国固有の領土ですが、中華人民共和国は虚偽の事実を並べ立てて自国領土だと主張しています。しかしながら、仮にそのような主張をするのであれば、我が国が尖閣諸島の領有を宣言した時点で異議を唱えるべきでしたし、遅くとも沖縄が米国の占領下にあった時代にそのような主張すべきでした。しかし、中華人民共和国は当時はそのような主張を一切せず、尖閣諸島に石油の埋蔵が確認されるや否や、突如として領有を主張するのは極めて見苦しい行為で、国際的にも認められるものではありません。

にもかかわらず、尖閣諸島周辺の領海に政府機関所属の公船を侵入させ続けていますが、我が国の主権を無視する極めて遺憾な行為です。本日も公船4隻を侵入させており、これで52日連続の領海侵犯となります。

このような中、先月24日に石垣市の漁船が、我が国固有の領土である尖閣諸島の周辺で漁をしたところ、中華人民共和国の公船に一時間に亘って追尾を受けました。これは、我が国の主権に関わる極めて深刻な事態です。この漁船については、事態を察知した海上保安庁の巡視船が間に割って入ったので事なきを得ましたが、誠にふざけた行為です。

このようなふざけた行為に対し、本来漁船の保護に当たるべき沖縄県の玉城知事がとんでもない発言をしています。曰く、「中国公船が周辺海域をパトロールしていることもあるので、故意に刺激することは控えなければならない」。

はあ、あなたは一体どこの国の知事さんですか?バカを言うにもほどがあります。自国の領海で漁をするのに、なんで外国の艦船に遠慮をしなければならないの?あなたは米軍に対しては自国の利益を雄弁に主張するのに、どうして中華人民共和国に対しては、国家の主権を曲げてまで遠慮をするのですか?呆れて物が言えません。

 

|

« ASM-3ミサイルを量産か? | トップページ | 浜松城第26次発掘調査は先送りか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ASM-3ミサイルを量産か? | トップページ | 浜松城第26次発掘調査は先送りか »