« F-2戦闘機の後継機開発は来年度も見送りの模様 | トップページ | トランプ大統領が日米安保に言及 »

2019年6月26日 (水)

富士山七曲り駐車場からの電波は届かない

先日の記事の続編です。日曜日に富士山スカイラインに上ったアマチュア局と七曲り駐車場(標高約1990m)から指向性の強いアンテナを浜松方面に向けてもらい、430MHzで交信しましたが、予想に反してあまり強い電波ではありませんでした。その後、五合目駐車場(標高約2380m)に移動した同じ局が指向性のない垂直アンテナで144MHz電波を出したところ、大変強力に受信できました。富士山を写した写真から、これは途中にある経塚山(標高約670m)が邪魔をしたせいではないかと考えましたが、本当にそうなのか、周波数の違いは関係なかったのか検証してみました。

Photo_20190626094401

イメージはこんな具合です。Aの場合は遮るものがないので、電波は直接届きます。ところが、Bの場合は途中の山に遮られるので山の後ろ側には電波は届きにくくなります。実際は回折現象や反射によって山の後ろ側にも電波が回り込むので、全く届かない訳ではありません。

浜松、経塚山間が約35Km、浜松、富士山間が約115Kmです。この関係を三角関数を使って計算してみました。浜松から経塚山を見上げると角度は1.097度です。もし電波の発信位置がこれよりも低ければ電波は直接届きません。で、結果ですが七曲り駐車場は0.991度、五合目駐車場は1.186度となりました。つまり、七曲り駐車場は経塚山よりも角度が低くBの状態となって電波は到達せず、五合目駐車場はAの状態で到達可能となって、実際の受信状態と一致します。また、回折は周波数が低い方が起きやすいので、その点でも430MHzだった七曲り駐車場の方が不利だったと思われます。ついでなので、標高何メーターまで上がれば浜松市内と交信可能か逆算してみました。結果は2202mとなりました。但し、実際は回折現象があるので、もう少し低くても到達可能だと思われます。

|

« F-2戦闘機の後継機開発は来年度も見送りの模様 | トップページ | トランプ大統領が日米安保に言及 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F-2戦闘機の後継機開発は来年度も見送りの模様 | トップページ | トランプ大統領が日米安保に言及 »