« ハンディ機の三脚ホルダーを試作 | トップページ | 電池式蚊取り器のカートリッジを代用 »

2019年7月15日 (月)

交信相手と思いがけずに初対面

本格的にアマチュア無線を再開して約2ヶ月半、やっと顔馴染みならぬ声馴染みさんもできつつあります。一昨日夜も430MHzで初めて知り合った市内の局と意気投合し、無線談議に花が咲いて日付が変わる直前まで1時間半ほど交信してしまいました。

一夜明け、所要で無線ショップに立ち寄り店内の商品を眺めていると、店主と客が話を始めました。聞くとは無しに耳を傾けていると、どうも一昨日聞いた内容と同じ話をしています。思い切って声をかけ、名前を確認すると、間違いありません。前の晩に交信した当の相手でした。アマチュア無線の世界では、交信した相手と、直接対面することをアイボールと言います。アイはeye、ボールはbollなので合わせて眼球、つまり電波を通じてでなく、直接眼球で見て会話することを指します。

これまで延べ70局あまりの局と交信していますが、相手と直接対面したのは初めてです。ましてや、その場所に行くことを前もって打ち合わせした訳ではありませんでしたので、こうして出会えたのは本当に不思議の一言です。見知らぬ遠くの相手と交信できるのが、アマチュア無線の面白さですが、その相手と顔を合わせることができたことは本当に幸運でした。

|

« ハンディ機の三脚ホルダーを試作 | トップページ | 電池式蚊取り器のカートリッジを代用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハンディ機の三脚ホルダーを試作 | トップページ | 電池式蚊取り器のカートリッジを代用 »