« トランプ政権が台湾への戦車108両の売却を承認 | トップページ | ニャンコがスイッチオン »

2019年7月10日 (水)

電池式蚊取り器の詰め替えカートリッジが入手できない

今朝は朝から晴れていますが、梅雨明けはまだまだ先になりそうです。この時期になると戸外での虫刺されが気になります。最近ではスプレー式の虫よけ剤もありますから、短時間での屋外作業でしたら、こちらを利用する手もありますが、長時間の効果を期待する場合は昔ながらの蚊取り線香か、携帯に便利な電池式の蚊取り器になります。

Dsc_0086

我が家で使っている電池式の蚊取り器です。

たまにしか使わないので、外観は新品同様です。今年も交換用カートリッジを買おうとDIY店やドラッグストアーを回りましたが、困ったことにどこにもこのタイプのものは売っていません。需要の変化からか、そもそも、電池式蚊取り器の売り場自体が縮小している感じです。この商品も使用時間が大幅にアップした新型が出ていますので、そちらに買い替えて欲しいということでしょうが、形状はほとんど同じです。商品の混同を避ける意味合いもあるのでしょうが、なぜ従来の形状を継承しなかったのかと恨み言の一つも言いたくなります。

ネットで調べたら、販売事態はしているようなので、流通数の関係で一般の店では取り扱い中止になってしまっているのだろうと思います。通販で購入しても良いのですが、同じくらいの金額の総量がかかってしまいます。新たにカートリッジ付きの本体を買い替えても1000円足らずですから、この際買い替えても良いのですが、壊れてもいないものを捨てるのも面白くありません。みみっちい話ですが、しばらく思案に暮れることになりそうです。

|

« トランプ政権が台湾への戦車108両の売却を承認 | トップページ | ニャンコがスイッチオン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トランプ政権が台湾への戦車108両の売却を承認 | トップページ | ニャンコがスイッチオン »